ハミングバード『密会』『ダイヤモンドの夜』ほか



 1974~77年にかけて活動した短命なバンド、「ハミングバード」が遺した3枚のアルバム――『ハミングバード』『密会』『ダイヤモンドの夜』――を、まとめて聴いた。
 YouTubeとかで断片的に聴いたことはあるが、アルバム全編を聴いたのは初めて。

 ハミングバードは一言で言えば、第2期ジェフ・ベック・グループの残党が作ったバンドだ。
 第2期ジェフ・ベック・グループ、とくに『ラフ・アンド・レディ』(1971)や『ジェフ・ベック・グループ』(1972)は、ベックの数あるアルバム中、ブラック・ミュージックの影響が最も顕著に現れたものであった。
 基本はハードロックでありながら、ファンキーでソウルフル。演奏にはフュージョン的要素も強く、洗練された大人のロックを展開した時期だったのだ。

 とくに、「オレンジ・アルバム」の別名で知られる『ジェフ・ベック・グループ』(↓)はまことに素晴らしく、個人的には「ベック・ボガート&アピス」のアルバムなどよりもずっと好きである。



 その第2期ジェフ・ベック・グループのサウンドをそっくり受け継いだのが、このハミングバードなのだ。

 ジェフ・ベックこそいないものの、マックス・ミドルトンやボブ・テンチなど、ジェフ・ベック・グループのキーパーソンが参加。
 また、『ダイヤモンドの夜』では、ベックの名盤『ワイアード』のオープニング曲「レッド・ブーツ」のヴォーカル入りカヴァー(※)を、オープニングに据えている。本人たちも、ベックとのつながりを十二分に意識していたわけだ。

※「じつはハミングバード版のほうが先に作られていて、ベック版こそカヴァーではないか」とする説もある。リリース時期は『ワイアード』のほうが1年早いが、そもそも「レッド・ブーツ」の作曲者はハミングバードのキーボーディスト、マックス・ミドルトンなのである。くわしくは、この点について検証した、よそのブログ記事を。

 ハミングバードの3枚のアルバムは、いずれ劣らぬカッコよさ。ブリティッシュ・ロック、ファンク、ソウル、フュージョンのいいとこ取りをした、いぶし銀な大人のロックを聴かせてくれる。

 ただ、アルバムごとに微妙に音の傾向が変わっていて、ラストアルバムになった『ダイヤモンドの夜』では、ロック色はかなり薄れている。ホーン・セクションの比重が高まり、アース・ウインド&ファイアーの「ユー・キャント・ハイド・ラヴ」をカヴァーしていたりして、サウンド面でもかなりEW&Fに接近しているのだ。
 それはそれでカッコいいのだが、私はいちばんロック色が強いファースト『ハミングバード』がいちばん好きだな(むろん、好みの問題でしかないが)。

 ボブ・テンチの渋いヴォーカルを入れた曲とインスト・ナンバーがあるのだが、そのどちらもよい。
 以下、私のオススメ曲をいくつか貼っておく。


↑「Horrors」(邦題は「戦慄」)。同時期に発表されたジェフ・ベックの『ブロウ・バイ・ブロウ』と相通ずる、テンションみなぎるジャズ・ロック。


↑「Scorpio」。ツインリード・ギターがメチャメチャカッコいい。


↑「Got My "Led Boots" On」。ジェフ・ベックの「レッド・ブーツ」に歌詞をつけたヴォーカル入りカヴァー。


↑「Music Flowing」。ボブ・テンチのソウルフルなシャウトにもかかわらず、まったく汗臭くない。洗練された大人のロック。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>