『永い言い訳』



 『永い言い訳』を、立川シネマシティで観た。
 西川美和が自作の小説を自ら脚本化し、映画化した作品。



 とてもよかった。西川美和の監督作品でいちばん好きかも。
 私は彼女の映画では、世評高い『ゆれる』や『ディア・ドクター』があまり好きではなく、監督デビュー作の『蛇イチゴ』を偏愛している。この作品には、『蛇イチゴ』から経た14年分の成熟が感じられて、素晴らしい。

 是枝裕和の弟子である西川が、これまででいちばん師の是枝に接近した映画という印象を受けた。
 本作で竹原ピストルが演じる役(一世一代のハマリ役!)は、是枝の『そして父になる』でリリー・フランキーが演じた役と、もろにオーバーラップする。
 また、本木雅弘演ずる主人公の小説家は、是枝の『海よりもまだ深く』の主人公である売れない小説家(小説で食えなくて探偵をしている)と、そのダメ男ぶりがやはりオーバーラップする。

 子役2人の演技が絶品なのだが、子役の素の演技を引き出す演出力などは、まさに師匠譲りであろう。

 しかし、是枝作品と比べると、西川作品ははるかに毒気が強い。苦いユーモアとアイロニー、愛の不毛が随所にちりばめられ、観客を「すんなりと感動させない」のだ。お子ちゃまにはけっして理解できない、大人のためのビターな映画。

 まだ「従藍而青」とまではいかないが、いまや西川はたんなる弟子の域を超え、是枝にとって最大のライバルとなったのではないか。

 それにしても、本作の本木雅弘、深津絵里が妻なのに黒木華を愛人にするとは、豪気な話である(私から見て)。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>