ケヴィン・ケリー『〈インターネット〉の次に来るもの』



 ケヴィン・ケリー著、服部桂訳『〈インターネット〉の次に来るもの――未来を決める12の法則』(NHK出版/2160円)読了。書評用読書。

 米『WIRED』誌初代編集長の著者が、インターネットの黎明期から現在までを最前線で見つめてきた経験をふまえ、向こう30年間のネットにまつわるメガトレンドを読み解いた書。

 SNSとかIoTとか、ネットをめぐる一つのテーマを深掘りした本はたくさんあるが、本書のように、“ネットをめぐるすべて”を視野に入れたうえで書かれた大局的な未来予測の書は、意外にありそうでないものだ。

 その意味で本書は、たんなるネット関連書というより、トフラーの『第三の波』や『パワーシフト』、あるいはエリック・シュミット&ジャレッド・コーエンの『第五の権力――Googleには見えている未来』などと比較されるべき、社会の大画期を捉えた一種の文明論と言える。

 未来予測の書は、悲観と楽観のどちらに偏るかによって、色合いが大きく変わる。本書は、著者自身も言うとおり、悲観的な側面にはあえて触れない内容になっており、思いっきり楽観寄りだ。ネットと周辺テクノロジーが空気のように社会に遍在する未来が、“ほぼバラ色”に描かれているのだ。ゆえに、一読後「私たちはいい時代に生まれたなァ」と感じさせる。

 そう感じさせる記述の例を挙げる。

 人間の表現行為に対する読者や観客やリスナーや参加者になるという点で、いまほど良い時代はなかった。(中略)いまや本当に簡単に、手首をちょっとひねる程度の動作で誰もが「万物のライブラリー」を手元に呼び出すことができる。
(中略)
 いまなら簡単な映像を作るのは、10年前と比べて10倍簡単になっている。100年前と比べたら、小さな機械部品で何かを作ることは100倍は簡単だ。1000年前と比べて、本を書いて出版することは、1000倍簡単になっている。



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
19位
アクセスランキングを見る>>