『闇金ウシジマくん』「フーゾクくん編」再読



 『闇金ウシジマくん』(真鍋昌平)は、シリーズ各編によって当たり外れの振幅が大きい。「スーパータクシーくん」編なんかひどいものだったし、「洗脳くん」編も、現実の「北九州監禁殺人事件」をただなぞっただけのようで、いただけなかった。

 だが、連載で現在佳境を迎えている「逃亡者くん」編は、私にとっては「当たり」だ。
 前作「ヤクザくん」編でついにウシジマを裏切り、加納を死に至らしめたマサルを、ウシジマが逃亡先の沖縄で追いつめるストーリーである。

 この「逃亡者くん」編には、連載初期の「フーゾクくん」編で彼氏の借金のカタとして沖縄に売られていった風俗嬢・杏奈が、重要キャラとして再登場する。それを読んで、「『フーゾクくん』編ってどんな話だっけ?」と再読したくなった。

 「フーゾクくん」編はコミックスでは5~7巻の3巻に及ぶのだが、ちょうどいいことに一冊にまとめたムック(「My First Big」)が出ていた。これを中古で安くゲット。

 改めて読んでみて、『闇金ウシジマくん』全編の中でも屈指の好編だと思った。

 タイプの異なる3人の風俗嬢――杏奈・瑞樹・モコ――が、それぞれウシジマと関わりを持ち、三者三様の地獄を味わう。3人の物語は絶妙のさじ加減で混じり合い、異なる角度から性風俗の世界に光が当てられる。
 救いのないストーリーながらも、暗闇に一条の光が射し込むラストになっているところが、また心憎い。
 
 『闇金ウシジマくん』の一編であることを脇に置き、たんに「フーゾクの世界を描いたマンガ」として考えても、これをしのぐ作品はいまのところ見当たらない。

 

「私が沖縄でどんだけの地獄だったか想像できる?」



 ――「逃亡者くん」編で、杏奈は再会したマサルにそう言う。
 「フーゾクくん」編を再読することで、「逃亡者くん」編がいっそう味わい深くなった。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>