梶原一騎・原田久仁信『男の星座』


 
 梶原一騎・原田久仁信(くにちか)の『男の星座』が、Kindle電子書籍で全9巻630円という破格値でセールされていたので、ポチった。

 暴力事件と大病でマンガ界から消えていた梶原一騎が、復活作にして「引退記念作品」として、『漫画ゴラク』に連載した作品。連載中に梶原は50歳の若さで世を去り、未完に終わった。

 私は『漫画ゴラク』の連載をリアルタイムで読んでいたが、コミックスでまとめて読んだのは今回が初めて。
 じつに面白いマンガだと、改めて思った。読み始めると最後まで一気読みせずにいられない。

 『男の星座』は、「一騎人生劇場」と銘打たれた自伝マンガである。無頼の青春と、物書きとしての駆け出し時代の思い出が、赤裸々に描かれている。
 力道山、大山倍達、ルー・テーズ、岸恵子、柳川次郎(柳川組組長)ら、綺羅星のごとき面々との出会いから生まれた秘話が、次から次へと登場する。

 主人公・梶一太(梶原の分身)のあけすけな上昇志向など、全体に昭和の香りが濃厚な泥臭い作品。しかし、その泥臭ささえも、むしろ本作の強烈な魅力になっている。

 “25年に及んだ劇画原作者人生を、秘話も含めてすべて描き尽くす”と宣言して始まった作品だが、原作者としてスタートラインについたところまでを描いて中断してしまった。絶筆となった最後の回は、『少年マガジン』の編集長が「プロレスマンガの原作」を依頼にくる場面で終わっているのだ。

 ああ、これから『巨人の星』や『あしたのジョー』の舞台裏が、梶原自身の手で明かされるところだったのに……。また、晩年の梶原が見舞われたスキャンダルの真相も、やがては自らの手で明かされるはずだったのに……。あまりにも惜しい未完作品である。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>