『紙の月』



 『紙の月』がAmazonのプライムビデオに入っていたので、観てみた。



 まあまあ面白かった。
 が、ヒロインの銀行員(宮沢りえ)が大学生と不倫に陥るまでと、そこから横領を始めるまでのプロセスに、ものすごく唐突感があった。
 そこに至るまでの心の葛藤とか、不倫の前提となる夫との確執が、映画ではほとんど描かれていないのだ。

 当方、角田光代の原作は未読だが、おそらく原作ではそのへんが綿密に描き込まれていて、読者が自然にヒロインに感情移入できる(=共感はしなかったとしても、不倫と犯罪に走った心情が理解できる)ようになっているのだろう。

 この映画版は、横領が始まってからのサスペンス描写に的が絞られている。その分、横領に至るプロセスを端折りすぎだと思う。

 とはいえ、宮沢りえは大変な熱演だし、助演陣も総じて頑張っている。

 ベテラン銀行員役・小林聡美、次長役・近藤芳正の演技の評価が高いようだが、私はむしろ、ヒロインと不倫する大学生を演じた若手俳優・池松壮亮の演技に感心した。
 軽薄でちゃらちゃらして、年上の女性に甘える手練手管だけはすごいという、鼻持ちならない若者を見事に演じている。
 「ヒロインはなぜこんな奴のために人生を棒に振るのか」と、観ていて怒りさえ込み上げてくるほどの名演だ。

 なお、エンディングテーマに使われているのは、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドの名曲「FEMME FATALE(宿命の女)」。「この曲しかないでしょ」という感じのハマり具合である。



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>