『わが母の記』



 仕事上の必要があって、『わが母の記』を映像配信で観た。

 井上靖が母親の老年・晩年を描いた、同名の自伝的小説の映画化(原田眞人が脚本・監督)。世田谷区にあった井上邸が撮影に使われているなど、井上靖記念文化財団が全面協力している(ただし、主人公の小説家の名は「伊上洪作」となっている)。

 老いた母と息子の小説家を中心とした、家族のクロニクルである。オープニング曲はバッハのヴァイオリン協奏曲。そのことが象徴するように、地味で静謐で、上品な印象の映画。

 四季折々の日本の風景が、すこぶる美しく描かれている。撮影も照明も秀逸だ。日本よりも海外で高い評価を得たのも納得で、「外国人が求める日本映画そのもの」という感じ。

 母の認知症がしだいに進行していく様子が、つぶさに描かれる(母役の樹木希林が熱演)。そのことが「適量の毒」となり、絶妙なスパイスの役割を果たしている。
 たんなる「お上品な文芸映画」や、ありがちな“「母と子もの」の感動映画”には終わっていないのだ。

 ただし、「主人公が『幼年期に母に捨てられた』と思っている」という点はフィクションで、井上靖はそんなふうには感じていなかったという。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>