ピーター・ティール『ゼロ・トゥ・ワン』



 ピーター・ティール(withブレイク・マスターズ)著、関美和訳『ゼロ・トゥ・ワン――君はゼロから何を生み出せるか』(NHK出版/1728円)読了。
 
 米「PayPal(ペイパル)」の創業者であり、天才起業家・投資家として知られるピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った学生向けの起業講座をまとめた一冊。
 なので、絶対に起業などしない私には関係ない話が多いのだが、それでも面白く読めた。

 著者の経営哲学は、シリコンバレーの中でもかなり特異なのではないか。というのも、著者は本書で、他企業との競争そのものを全否定しているから。
 つまり、競争のない「ブルー・オーシャン」を新たに切り拓くことこそ著者にとっての起業であり、既存の「レッド・オーシャン」に身を投じる起業は不毛だというのだ。

 進歩の歴史とは、よりよい独占企業が既存企業に取って代わってきた歴史なのだ。
 独占は進歩の原動力となる。なぜなら、何年間、あるいは何十年間にわたる独占を約束されることが、イノベーションへの強力なインセンティブとなるからだ。その上、独占企業はイノベーションを起こし続けることができる。彼らには長期計画を立てる余裕と、競争に追われる企業には想像もできないほど野心的な研究開発を支える資金があるからだ。



 幸福な企業はみな違っている。それぞれが独自の問題を解決することで、独占を勝ち取っている。不幸な企業はみな同じだ。彼らは競争から抜け出せずにいる。(※引用者注/これはもちろん、『アンナ・カレーニナ』の名高い冒頭部分のもじり)



 「独占は悪であり、競争こそ望ましい」とする旧来のアメリカ社会の価値観と正反対であり、興味深い。書名の『ゼロ・トゥ・ワン』とは、0から1を生み出すことに成功した企業――すなわち著者の言う「幸福な企業」の謂だ。

 私には、第13章「エネルギー2.0」がいちばん面白かった。この章では、太陽光発電などのクリーンエネルギー企業が、一部の例外を除いて失敗に終わった理由が分析されている。

 環境テクノロジー企業はいずれも、世界をよりクリーンにする必要があるという聞き慣れた真実で自己を正当化していた。社会がこれほど熱心に代替エネルギーを求めているからには、すべての環境テクノロジー企業に巨大なビジネスチャンスがあるはずだという妄想を自分に信じ込ませていたのだ。



 失敗事例を通じて、成功する企業の条件を浮かび上がらせたケーススタディとして、この章は独立した価値をもっている。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>