伊藤洋一『情報の強者』



 伊藤洋一著『情報の強者』(新潮新書/756円)読了。

 著者はエコノミスト/経済評論家。テレビなどでのわかりやすい経済解説に、私はつねづね好感を抱いている。なのでこの本も読んでみたのだが、期待外れ。情報整理術・知的生産の技術の本としては凡庸な仕上がりで、参考になる点がほとんどない。

 主張の根幹になっているのは、“情報洪水・情報過多の時代だから、不要な情報をいかに切り捨てるかが大切だ”ということ。
 そんなあたりまえのことをいまさらドヤ顔で主張されてもねえ。

 たとえば、テレビ局は同じニュース映像を一日のニュース番組の中で何度も使い回すから、「ニュース番組は午前と午後(夜)で各30分も見れば十分である」と著者は言う。「番組全てのニュースを漫然と見る必要はない」と……。
 一日中ダラダラとテレビを見ているような情報弱者は、そもそも本書のような本を手に取りもしないだろうに。

 全編そんな調子で、内容の大半はあたりまえのわかりきったことである。

 私が本書で唯一「なるほど」と膝を打ったのは、「自分にとって好ましい情報、都合のいい情報」を「快楽情報」とネーミングしている点。

 往々にして私たちは社会問題や政治問題でも、快楽情報ばかりを摂取する傾向があることには自覚的であるべきだ。(中略)ネット中心に情報を追う場合、無意識に「快楽情報オンリー」になってしまうことが珍しくない。
(中略)
 世界でいったい何が起きているのか。その全体像を掴むためには、「不快情報」も必要だ。むしろ、そのほうが重要だと思っていてもいい。
 快楽情報にだけ溺れていたら、世の中が見えなくなってしまう。



 これはまったくそのとおり。立場の左右を超えて、ネットでの情報摂取がメインの人ほど肝に銘ずるべきことだろう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
26位
アクセスランキングを見る>>