エドゥアルド・コーン『森は考える』



 エドゥアルド・コーン著、奥野克己ほか訳『森は考える――人間的なるものを超えた人類学』(亜紀書房/2916円)読了。書評用読書。

 人類学者でマギル大学(カナダ)准教授の著者が、南米エクアドル、アマゾン川上流域の森に住むルナ族に対して行ったフィールドワークを元にしたエスノグラフィー(民族誌)である。著者は本作によって、2014年のグレゴリー・ベイトソン賞を受賞している。

 単純に事実を記録した部分は、たいへん面白い。たとえば――。

 ルナ族は著者に対して、“外で寝るときには必ず仰向けに寝ろ!”とアドバイスをする。なぜなら、ジャガーに出くわしたとき、うつぶせに寝ると餌食だと思われるが、仰向けだと視線を合わすことでジャガーは放っておいてくれるから、と……。

 また、ルナ族は森で狩りをするときの獲物を、「森の主」(精霊)の家畜を主が分け与えてくれるものだと考える。だから、ときどき森に対して、木のうろに詰め込むなどして「貢ぎ物」をする。

 ルナ族は、飼い犬にどうしても言うことを聞かせたいとき(家畜の鳥を犬が噛むなどの「悪事」をしたとき)、薬草から抽出した幻覚作用のある汁を無理やり飲ませ、朦朧としたところで言い聞かせる(ドイヒー)。

 ……などという話が随所にあって、興趣尽きない。
 五十嵐大介の連作マンガ『魔女』に、アマゾンの熱帯雨林を舞台にした素晴らしい一編があったが、ちょうどあの作品のような面白さだ。

 ただ、事実をふまえて著者が考察している部分は、原文のせいなのか訳のせいなのか、非常にわかりにくい。正直なところ、何が言いたいのかさっぱりわからない。
 適当に一節引いてみよう。

 生命がアマゾニアにて織りなす多くの層は、これらの人間的な記号過程の編み目よりも大きなものを増幅し、はっきりとさせる。その森が私たちを通じてそのありようを思考するのに任せるならば、私たち自身もまた常に何らかの仕方でいかにそのような編み目に編み込まれているのかを、そして、この事実と一緒にいかに概念的な作業をすることになるのかを、見定めることができよう。



 私たちをかたちづくるこの〈私たち〉が、いかに到来する布置のうちに多くのたぐいの存在を組み入れることができる創発する自己なのかを考えてみれば、こうしたことにはまさしく真実味があることがわかるだろう。私たち人間は、私たち自身を生み出し永続させるような多様な非人間的存在から、生み出されたものである。



 著者の思索を記した部分は、全編こんな調子なのである。
 優れた作品なのかもしれないが、私の手には余った。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>