鈴木賢志『日本の若者はなぜ希望を持てないのか』



 昨日は、都内某所で打ち合わせが一件。今日もまた打ち合わせが一件。で、水・木・金はそれぞれ別の取材。


 鈴木賢志『日本の若者はなぜ希望を持てないのか――日本と主要6ヵ国の国際比較』(草思社/1620円)読了。

 2013 年に日本および海外6ヶ国(アメリカ、イギリス、スウェーデン、フランス、ドイツ、韓国)で実施された若者の意識調査(内閣府「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」)で、日本の若者の「希望度」(将来に対して希望を抱いている度合いなど)が、他の6ヶ国に比して著しく低かった。
 なぜ、日本の若者はそれほどまでに希望を持てないのか? 明治大学教授の著者が調査結果を深掘りし、独自の考察も加えてその答えに迫った一冊。

 いいかげんな印象で語る若者論ではなく、きちんとした論拠に基づいた「いまどきの若者」論として、読み応えがある。たとえば――。

 「いまどきの日本の若者は、政治に対する関心がものすごく低い」と私たちは思い込んでいるが、若者の政治に対する関心が最も低いのは、じつはスウェーデンだという。
 ところが、スウェーデンの若者の選挙投票率は80%超と、日本の若者よりも圧倒的に高い。なぜ、政治に関心がないスウェーデンよりも、日本の若者の投票率は低いのか? その謎解きを通して、著者は若者の政治意識に肉薄していく。

 また、若者論の枠を超え、日本社会論・日本文化論として読める部分もある。
 たとえば、日本が“格差が目立ちにくい社会”である理由として、著者は次のように指摘する。

 日本人は裕福でも貧しくても、そのことがあまり世間で目立たないようにしたがる傾向がある。たとえば、これはリーマンショックの直後に不動産業者の人から聞いた話であるが、世の中が不景気になると、自分にお金があっても高額な物件を買い控える人が多いそうだ。また逆に自分が貧しくても、それをアピールして他人や政府から支援を引き出そうとするのではなく、そのことを恥として、世間に悟られないようにする傾向がある。



 このあたり、阿部謹也の「世間論」や、日本の生活保護捕捉率の低さの背景にある「恥意識」との関連で考察を広げてみたい気がする。
 
 「一つの意識調査から一冊の本を作るなんて、ずいぶん水増しだなァ」というマイナスの印象を抱いて読み始めたのだが、読んでみればすこぶる面白い若者論に仕上がっている。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>