小笠原治『メイカーズ進化論』



 昨日は、登山家の田部井淳子さんを取材。都内某所の事務所にて。
 雪崩で九死に一生を得た体験とか、ガンの闘病体験とか、すさまじいドラマを軽やかににこやかに話されて、すごい迫力であった。ある種の達観を感じさせる、「人生の達人」という趣の方である。


 行き帰りの電車で、小笠原(おがさはら)治著『メイカーズ進化論――本当の勝者はIoTで決まる』(NHK出版新書/799円)を読了。
 
 猫も杓子もIoT、IoTとウルサイ昨今だが、IoTが何なのかは我々シロウトにはわかったようでわからない。
 本書は、“IoTを取り入れた新しいモノづくり”を推進する側である著者が、その最前線を紹介し、モノづくりの未来を概説した書。

 IoT化や製品の「モジュール化」などによって、モノづくりはもはや一部の大企業の独擅場ではくなっている。そのことを棚的に示すのが、米国の液晶テレビメーカー「ビジオ」のような、ファブレス(工場がない)のメーカーの台頭である。

 ビジオは部品の調達や組立などの製造工程を、台湾や中国の企業にアウトソーシングしています。その分、ビジオ自身は最も上流に位置する商品企画と下流の販売に特化しているのです。
 かつて日本ではモノづくりの空洞化が叫ばれた時期がありますが、それは自社工場を海外に移転することを指していました。ビジオのようなファブレスなメーカーにとってそもそも工場は持つものではなく、選ぶものです。ここには空洞化という概念すらありません。「モノづくりが空洞化して日本のよさが失われている」という議論は、実はファブレスのメーカーが登場した時点であまり意味がなくなってしまっているのです。



 ううむ……。目からウロコ。
 モノづくりの世界でいまどんな激変が起こりつつあるのかが、豊富な具体例を通してすんなり理解できる好著だ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>