神保彰『JIMBO de CTI』



 神保彰の『JIMBO de CTI』がAmazonのプライムミュージックにアップされていたので、聴いてみた。

 Amazonのプライム会員なら聴き放題のプライムミュージック、少しずつ登録アルバム数も増えてきて、かなり使えるサービスになってきた。
 この『JIMBO de CTI』なんて、発売は今年初頭だから一応「最新作」なわけで、タダで聴かせてしまっていいのだろうかと心配になる。たぶん、1回聴かれるごとにアーティスト側にも少しずつ使用料が入るのだろうけど……。

 本作は、名ドラマー・神保彰による「CTIレーベル」の名曲カバー集だ。
 CTI――クリード・テイラー・インクは、1970年代のクロスオーバー(のちのフュージョン)・ブームを先導した米国のレーベル。いわば現在のスムース・ジャズの源流である。
 
 CTI名曲集といっても、本作は全9曲中5曲までがデオダートの2枚のアルバムから選ばれており、実質的にはデオダート名曲集となっている(ほかに、アイアート・モレイラの「Tombo in 7/4」、フレディ・ハバードの「Red Clay」のカバーなどを収録)。
 ジャケットも、デオダートの『ラプソディー・イン・ブルー(デオダート2)』のパロディというか、オマージュだ。



 デオダートは、CTIレーベルの看板アーティストであった。そもそもCTIは、彼のアルバム『ツァラトゥストラはかく語りき』(1972年)の大ヒットによって世界に知られたのだ。

 本作で5曲がカバーされている『ツァラトゥストラはかく語りき』『ラプソディー・イン・ブルー』は、私も少年時代にLPレコードで聴きまくったアルバム。神保彰もこの2枚に決定的影響を受けたと知って、シンパシーを覚える。

 デオダートとCTIに対する私の思い入れについては、以前このエントリに書いたので、興味ある向きはご一読を。

 さて、本作の感想だが、うーん……、よくできてはいるが、原曲をしのぐカバーは一つもないなあ。
 原曲が完全に脱臭・消毒されているというか、きれいにまとまりすぎている。雑味とかエグみを除去したら、曲の味わいまで薄まってしまった感じ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>