松中権『LGBT初級講座――まずは、ゲイの友だちをつくりなさい』



 松中権(ごん)著『LGBT初級講座――まずは、ゲイの友だちをつくりなさい』 (講談社+α新書/907円)読了。
 前エントリの『同性婚』と同じく、仕事の資料として読んだ。

 著者は、ゲイであることをカミングアウトしている電通マン。
 「LGBT初級講座」と謳う以上、LGBTの入門書を目指したのだろうが(読者も当然そう期待する)、いかんせん、入門書としてはあまり役に立たない。

 『同性婚』のレビューで、私は「『自分語り』の部分と、社会の動きを概説した部分のバランスが絶妙で、同性婚について考えるための優れた入門書になっている」と書いた。
 本書は逆に、著者の「自分語り」が85%くらいを占めており、たんなるエッセイになってしまっている。入門・概説書としての記述は、1章の「セクシュアリティはグラデーション」(の一部)くらいしかないのだ。

 ゲイとしての葛藤などを綴ったパーソナルなエッセイとして読む分にはそこそこ面白いが、「LGBTをめぐる社会状況について、ざっくりと知りたい」と思って読むと肩透かしの内容だ。

 あと、全体に著者の文章がおちゃらけすぎ。文中に「(笑)」を使いすぎているし、笑いを狙ってすべってる箇所も多々あるのだ。
 著者はまえがきに、「『僕ら大変です、苦しいんです(涙)』と弱者目線で同情を訴えるつもりはさらさらありませんし、かといって『LGBTの権利を主張するのだ!(怒)』と、一方的にこぶしを振り上げるつもりもない」と書いている。
 つまり、「LGBTについて、深刻にならず軽やかに語りたい」という意図から、あえて狙ったライトタッチなのだとは思うが、ちょっとやりすぎ。

 LGBTの入門書としては、『同性婚』のほうがはるかに優れている。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>