エリザベス・コルバート『6度目の大絶滅』



 エリザベス・コルバート著、鍛原多惠子訳『6度目の大絶滅』(NHK出版/2592円)読了。書評用読書。

 米『ニューヨーカー』誌の記者を務めるジャーナリストが、いままさに進行中の「6度目の大絶滅」の実態を探っていく科学ノンフィクションである。

 地球の長い歴史のなかで、過去5億年の「顕生代」(目に見える生物が現れた時代)に入ってから、5度の「大絶滅」(「ビッグファイブ」と呼ばれる)が起こったとされている。

 大絶滅(大量絶滅)は、「世界中の生物相の大多数が、地質学的に見て取るに足らない時間で消滅すること」、あるいは「急速に地球規模で起きる生物多様性の多大な損失」などと定義される。
 いま進行中だと考えられている「6度目の大絶滅」が過去の「ビッグファイブ」と異なるのは、人類の活動によって引き起こされている点だ。

 現在、「造礁サンゴ類の三分の一、淡水生貝類の三分の一、サメやエイの仲間の三分の一、哺乳類の四分の一、爬虫類の五分の一、鳥類の六分の一がこの世から消えようとしていると推定される」という。
 消滅の原因はさまざまだが、検証すれば必ず人類という犯人にたどりつく。

 読みながら、『寄生獣』でミギーが言う名セリフ――「シンイチ……『悪魔』というのを本で調べたが……いちばんそれに近い生物は やはり人間だと思うぞ……」を頭に浮かべずにはおれなかった。

(つづきます)
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>