大武ユキ『フットボールネーション』



 仕事上の必要があって、大武ユキの『フットボールネーション』の既刊1~7巻を読んだ。

 サッカーマンガなのに、サッカーに微塵も興味のない私が読んでもすごく面白かった。
 本物のエンタテインメントとはそういうもので、「その世界にくわしい人でなければ楽しめない」ようでは、エンタメとして二流なのだと思う。
 たとえば、私は麻雀をやったことがないしルールも知らないが、それでも映画版『麻雀放浪記』(和田誠)はすごく面白かった。

 この『フットボールネーション』は、運動科学総合研究所の高岡英夫の「科学指導」のもと、科学的なサッカー理論をふまえた、いわば“理詰めのサッカーマンガ”である。
 「もも裏筋」などのインナーマッスルを使うことの重要性をはじめ、作中で描かれる訓練法や監督の指導はどれも、ド素人の私にも納得のいく合理的なものだ。

 “理詰めのサッカーマンガ”といっても、頭でっかちで堅苦しいマンガというわけではない。
 主要キャラはみんな「キャラが立っている」し、型破りなアマチーム「東京クルセイド」がプロチームを次々と破っていく基本構成も、昔ながらの少年マンガの王道を行くものだ(連載誌は『ビッグコミックスペリオール』だから青年マンガだが、内容はよい意味で少年マンガ的)。

 あの『ラストイニング』が本格的な野球理論を持ち込んで高校野球マンガに革命を起こしたように、『フットボールネーション』はサッカーマンガの革命と言える……のではないか(ほかのサッカーマンガをよく知らないので、自信なさげ)。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>