星井七億『もしも矢沢永吉が「桃太郎」を朗読したら』



 星井七億著『もしも矢沢永吉が「桃太郎」を朗読したら』(鉄人社/1080円)読了。

 人気ブログ「ナナオクプリーズ」の書籍化。
 『桃太郎』や『走れメロス』など、定番のお伽話・名作を、さまざまな形に変奏していくパロディ/パスティーシュ集だ。

 『桃太郎』ネタだけで20本、『走れメロス』ネタだけで8本。その他もろもろ。
 玉石混交で、「これは外したなァ」というものもあるが、バシッと決まった場合は爆笑ものだ。

 私がとくに気に入ったのは、表題作の「もしも矢沢永吉が『桃太郎』を朗読したら」「トンデモだらけの『桃太郎』」「クソリプだらけの『桃太郎』」「ブラック企業だらけの『桃太郎』」「クソレビューだらけの『桃太郎』」(これはアマゾンのカスタマーレビューのパロディ)、「死語だらけの『走れメロス』」、「ヤラセだらけの『走れメロス』」あたり。
 これらはほんとうによくできている。

 昔、和田誠が出した傑作パロディ本に『倫敦巴里』というのがあったが、あれをちょっと思い出した。
 もっとも、和田誠の本の場合は当然イラストがメインなわけだが、川端康成の『雪国』の冒頭部分を他の人気作家の文体で書き分けるというパスティーシュ・コーナーがあったりして、わりと本書に近いテイストなのだ。

 こういう質の高いパロディが、原稿料という対価の発生しない個人プログで書かれ、無料で読める――原稿料でメシを食っている我々ライターにとっては恐るべき時代だと思う。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
15位
アクセスランキングを見る>>