『0.5ミリ』



 『0.5ミリ』を映像配信で観た。

 主演が安藤サクラ、監督・脚本がサクラの実姉・安藤桃子、エグゼクティブプロデューサーが奥田瑛二、映画に出てくる料理のフードスタイリストは安藤和津という、奥田ファミリー総出で作られた作品。



 邦画の映画賞総ナメ、昨年の『キネマ旬報』ベストテンで邦画2位、各紙誌絶賛の嵐……な映画。
 なので期待したのだが、私にはつまらなかった。

 介護ヘルパーのヒロイン・山岸サワは、「家なし・職なし・金なし」の状況に追い込まれたことから、街で探したワケあり老人の家に入り込んでは「押しかけヘルパー」となる。何人かの老人とサワのふれあいを描く、風変わりなロードムービー……という趣。

 面白そうな設定ではある。だが、「悪意なき木嶋佳苗」とでも評したいヒロインの行動に私はまったく共感できなかった(いったい何がしたいの?)し、何よりダラダラ長すぎる。なんと196分! 3時間以上もかける必然性が、この映画にはないと思う。これがもし100分以内の小品だったなら、気持よく楽しめただろう。

 部分的にはいい場面もあるし(坂田利夫の演じる独居老人は出色)、女優として安藤サクラはいいのだけれど。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>