センディル・ムッライナタンほか『いつも「時間がない」あなたに』



 昨日は、愛知県春日井市で企業取材。

 行き帰りの新幹線で、センディル・ムッライナタン、エルダー・シャフィール著、太田直子訳『いつも「時間がない」あなたに――欠乏の行動経済学』(早川書房/2160円)を読了。

 「時間管理術」のビジネス書のようなタイトルだが、そうではない。副題の「欠乏の行動経済学」のほうが、内容を正確に要約している(こちらをメイン・タイトルにしたら本が売れないと判断したのだろう)。

 著者は、ハーバード大の経済学教授(センディル)とプリンストン大学の心理学教授。2人とも、経済学と心理学を融合させた「行動経済学」の研究者で、貧困問題などの解決を目指すNPOの共同創設者でもある。

 本書も、タイトルからは想像もつかないが、じつは貧困問題を考えるための書でもある。というのも、「時間がない」「お金がない」などのさまざまな「欠乏」が、我々にどのような心理的影響を与えるかを研究した書だから。
 時間の欠乏についての章もあるから、タイトルは偽りではないが、じつはお金の欠乏=貧困のほうに重点が置かれている。

 貧困問題を行動経済学の視点から考察した、類のない書である。
 とくに目からウロコが落ちたのは、貧困がさまざまな「処理能力」を大幅に減退させることを論証している点。

 「欠乏」は、人間の処理能力に大きな負荷をかける。
 時間がなくてバタバタしているときは、仕事でミスが生じがちだ。同様に、貧困層はお金の工面のことでつねに頭が一杯になっているから、生活の中で要求されるさまざまな処理能力が大幅に減退してしまっている。

 たとえば、貧困層は医者にもらった薬の飲み忘れが多い。また、子どもに対する気配りに欠ける「悪い親」は貧困層に多く、富裕な農民より貧しい農民のほうが農地の適切な除草を怠りがちだという。
 それは、「貧困層のほうが怠け者で愛情が薄いから」ではない。貧困という欠乏がもたらす処理能力の減退のせいなのだ。

 ほぼあらゆる仕事には作業記憶が必要である。これは、いくつかの情報を使うまで頭のなかで生かしておく能力だ。貧困によって作業記憶に負荷がかけられると、人はあまりうまく仕事ができなくなる。
(中略)
 処理能力に過剰な負荷がかかるということは、新しい情報を処理する能力が下がるということだ。たとえばあなたがつねに心ここにあらずだとして、大学の講義はどれだけ頭に入るだろう? ここで、家賃の工面についてたえず考えてしまう低所得の大学生について考えてみよう。彼女の頭にどれだけ入るだろう? 



 処理能力は人の行動のほぼあらゆる面を支えている。ポーカーで勝つ確率を計算するのにも、人の表情を読み取るにも、自分の感情をコントロールするのにも、衝動を抑えるのにも、本を読むのにも、独創的な発想をするのにも使われる。高度な認知機能のほぼすべてが、処理能力に依存している。しかし処理能力への負荷は見逃されやすい。



 処理能力の減退は、仕事や勉強、人間関係などに広範な悪影響を与える。ゆえに、貧困層は人生において、心理的にも大きな不利にさらされている。それこそが、「貧困が貧困を生む」要因の一つなのだ。
 いわゆる「貧困の連鎖」をこのような視点から解き明かした本は、これまでになかった。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>