『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』


パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(通常盤ブルーレイ) [Blu-ray]パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト(通常盤ブルーレイ) [Blu-ray]
(2014/12/17)
デヴィッド・ギャレット、ジャレッド・ハリス 他

商品詳細を見る


 『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』を映像配信で観た。

 超絶技巧で知られるイタリアの天才ヴァイオリニスト、ニコロ・パガニーニの生涯を、『不滅の恋 ベートーヴェン』のバーナード・ローズ監督が描いた音楽映画である。



 パガニーニを演ずるのは、「21世紀のパガニーニ」とも呼ばれる超絶技巧の美形ヴァイオリニスト、デイヴィッド・ギャレット。このドンピシャなキャスティングが、作品の魅力の半分くらいを占めている感じ。
 じっさい、ギャレットが本当にストラディヴァリウスを弾いている演奏シーンは、どれも迫力があって素晴らしい。

 コンサートでのパガニーニを、現代のロックスターのイメージで演出している点も面白い。演奏するパガニーニに向かって、聴衆の若い女性たちはキャーキャー歓声を上げ、興奮しすぎて失神したりするのだ(グループサウンズかよ)。

 乱脈な女性関係をくり広げ、ギャンブルにのめり込み、社会のルールにおよそ頓着しない、まさに破滅型の天才であるパガニーニ。自らの才能に振り回されて自滅していったジェットコースターのごとき人生を、映画は駆け足で描き出す。

 ラスト、死の床にあったパガニーニがつぶやくセリフが印象的だ。

 「神は私を見捨て、かわりに恩寵を与えた。才能という恩寵を……。そして世界に放り出した。才能を理解しない世界に」



 「悪魔に魂を売り渡した代償に超絶技巧を手に入れた」とも噂されたパガニーニの遺体の埋葬を、キリスト教会は拒んだという。

 ただ、芸術映画としての深みはあまりない。
 とくに後半、天才の狂気の物語が凡庸な愛のドラマに矮小化されていくあたり、興醒め。どうせなら、「ロクデナシの天才」ぶりをとことん描いてほしかった。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>