ウェイン・クランツ『2ドリンク・ミニマム』


2ドリンク・ミニマム2ドリンク・ミニマム
(2014/10/15)
ウェイン・クランツ

商品詳細を見る


 ウェイン・クランツの『2ドリンク・ミニマム』を聴いた。

 ニューヨークの小さなジャズ・バーでのギグを収めた、1995年のライヴ・アルバムだ。
 タイトルは、「ライヴを観るお客さんは最低2杯注文してね」の意。バーの入り口に書かれた但し書きをそのまま用いた、洒落の利いたタイトルである。

 ギター、ベース、ドラムスという最小限のトリオ編成。すごくテクニカルなのに「テクをひけらかす感じ」が皆無の、軽やかな演奏を聴かせる。

 ウェイン・クランツのギター・スタイルは、非常にユニークだ。
 テクニック的にどう説明したらよいのか、専門的なことはわからないのだが、ほとんど類を見ないギターである。

 リズム・セクションの上をギターが流れていくのではなく、リズム・セクションと一体化して跳ね回るギター。リード・ギターとリズム・ギターの中間を行くような、パーカッシヴでファンキーなギター。短いリフを変幻自在に展開させていく形で曲が構成されていく。

 ジャンルとしてはハード・フュージョンもしくはジャズ・ロックになるのだろうが、「よくあるフュージョン」的な凡庸さの対極にある、すこぶる独創的な演奏。
 フュージョンというより、むしろポストロック寄り。たとえば、バンアパ(the band apart)のギタリストがインストのソロアルバムを作ったら、こんな感じになるのではないか。



 リズム・セクションとギターの複雑なからみ合いが、なんとも耳に心地よい。そして聴き飽きない。
 ウェイン・クランツ、アルバムは初めて聴いたけど、カッコいいなあ。ほかのアルバムも聴いてみることにしよう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
17位
アクセスランキングを見る>>