戸部良一・野中郁次郎ほか『国家経営の本質』


国家経営の本質 ―大転換期の知略とリーダーシップ国家経営の本質 ―大転換期の知略とリーダーシップ
(2014/11/22)
戸部 良一、寺本 義也 他

商品詳細を見る


 戸部良一・野中郁次郎ほか著『国家経営の本質――大転換期の知略とリーダーシップ』(日本経済新聞出版社/2160円)読了。書評用読書。

 かつて『失敗の本質』『戦略の本質』を著した主要メンバーが再び結集し、こんどは「国家経営の本質」をテーマに行った共同研究をまとめた本。

 世界的な激動期であった1980年代に主要国のリーダーであった6人の政治家――サッチャー、レーガン、中曽根康弘、ヘルムート・コール、ゴルバチョフ、鄧小平――を俎上に載せ、彼らがいかにして自らの政治ヴィジョンを実現させていったかを分析。そのうえで、6人に通底する“よき国家経営”のありようを抽出している。

 『プレジデント』とかのオジサン向けビジネス雑誌によくある安手のリーダー論に陥りかねない題材だが、本書はもう少し高尚である。著者たちはそれぞれ、経営学(組織論)と歴史学(政治史、軍事史)の研究者であり、学問的手続きをふまえた立派な学際的研究になっているからだ。

 日本の政治家から中曽根を選んでいるあたりに、拒否反応を覚える向きもあろう。だが、「大統領型首相」と評された中曽根が優れたリーダーシップの持ち主であったことは、人物や思想への好悪を超えて、認めてよいと思う。

 他の5人についても、リーダーシップに的を絞ってまとめられた各章はそれぞれ出来がよく、リーダー論として独立した価値を持つ。
 少し前に取り上げたジョセフ・ナイの『大統領のリーダーシップ』と、読み比べてみるのも一興だろう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>