Nachiko『Warming up』


Warming up (MINI ALBUM)Warming up (MINI ALBUM)
(2013/10/30)
Nachiko

商品詳細を見る


 Nachiko(ナチコ=本名・舘岡奈智子)の『Warming up』(ワイワイミュージック)を聴いた。

 1980年代前半に、『薬屋の娘』『お花畑は水びたし』『髪舞』という3枚の傑作アルバムをつづけざまに出したあと、シーンから忽然と消えてしまったアーティスト、Nachiko。

 「日本のケイト・ブッシュ」とも評されたその独創的な作品群はまことに素晴らしく、私は当時LPレコードですり切れるほどに聴き込んだものだった。

 そのNachikoが、2013年に約30年ぶりに出した新作アルバムが、この『Warming up』である。
 「ミニアルバム」と表記されてはいるものの、トータルプレイングタイムは50分近く、フルアルバムと言ってもよいボリュームだ。

 かつてのNachikoのアルバムは、プログレ色、ジャズ・ロック色が強いものだった。森園勝敏、和田アキラなど、元四人囃子/プリズムの手練の面々をバックに揃えた演奏とアレンジは質が高く、いま聴いても古びていない。

 それに対し、本作ではプログレ/ジャズ・ロック色は後退し、代わりに1970年代前半のハードロックに近い味わいが前面に出ている。初期ディープ・パープル、ユーライア・ヒープ、キャプテン・ビヨンドあたりを彷彿とさせる音になっているのだ。ザクザクとした感触のギターと、ドッスンバッタンと騒がしいリズム・セクション。

 まあ、私はそのへんの音も好物なので嫌悪感はないが、違和感は覚える。Nachikoの声にこのサウンドは合わない気がするのだ。カルメン・マキあたりがヴォーカルだったらピッタリな感じのサウンドだから。

 Nachikoの歌声は、30年を経ているわりには劣化がない。
 ただ、さすがに高音の伸びはないし、往年の人間離れした迫力は消え、フツーの声になってしまっている。

 あえて忌憚なく言うなら、80年代のNachikoの「劣化コピー」以上のものではない――という感想を抱いてしまった。
 本作には何曲か、昔のアルバムの曲(「体が風になるまで」など)のリメイクが収められているので、それらについてはとくにそう思う。原曲のほうがはるかにいいのだ。

 Nachikoが80年代に発表した埋もれた傑作群(いまではオンデマンドで手に入る)に光を当てる一助となっただけでも、本作には意義があったというべきか。





関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>