佐藤優『私の「情報分析術」超入門』


私の「情報分析術」超入門: 仕事に効く世界の捉え方 (一般書)私の「情報分析術」超入門: 仕事に効く世界の捉え方 (一般書)
(2014/09/25)
佐藤 優

商品詳細を見る


 佐藤優著『私の「情報分析術」超入門――仕事に効く世界の捉え方』(徳間書店/1512円)読了。

 タイトルに相応した内容になっているのは、第1章のみ(全体の3分の1程度)。
 あとの2~6章は、『アサヒ芸能』に連載中の時評コラム「ニッポン有事!」の2013年2月~14年6月分をまとめたもの(加筆修正されており、書き下ろしのコラムもある)だ。

 なので、佐藤優流情報分析術を開陳した「知的生産の技術」本を期待すると、やや肩透かし。
 そういう本が読みたい向きは、当ブログでも紹介した『「知」の読書術』『読書の技法』を読むとよい。

 ただ、2~6章も時評コラムとして読み応えがあるので、一読の価値はある。

 国際政治についてのコラムでは、現状への強い危機意識が全編に流れている。
 「ロシアによるクリミア編入をきっかけに国際秩序の構造転換が進んで」おり、新帝国主義の時代が到来している、との見立てから、「局地戦が拡大して、第三次世界大戦に発展する可能性を過小評価してはならない」と、著者は警鐘を鳴らしているのだ。

 この「ニッポン有事!」という連載は、論戦的性格を強くもっているのが特徴だ。
 本書所収のコラムでも、外務省の腐敗高級官僚など、著者の論敵を攻撃する筆鋒は鋭く、痛快だ。何度か登場する「陰嚢のシワを伸ばしてよく聞け」という啖呵は、私も一度使ってみたい(笑)。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>