ジョージ・パッカー『綻びゆくアメリカ』


綻(ほころ)びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語綻(ほころ)びゆくアメリカ―歴史の転換点に生きる人々の物語
(2014/07/26)
ジョージ・パッカー

商品詳細を見る


 一昨日から所用で宮崎県へ――。宮崎市と延岡市を回る。連休など無縁の生活を送っております。

 観光で行ったわけではないのだが、合間にシーガイアとか宮崎県庁とかを見て回ったり、有名店に食事に連れて行ってもらったりしたので、つかの間の観光気分を味わえた。
「チキン南蛮発祥の店」だという延岡の「直ちゃん」、「宮崎釜揚げうどんの元祖」だという「重乃井(しげのい)」などに行く。それぞれ、チキン南蛮と釜揚げうどんのイメージをくつがえすような不思議なおいしさ。

 宮崎県庁は、82年前(昭和7年)に建てられたという、品のよい瀟洒な建物。
 守衛さんが教えてくれたところによると、東国原県知事時代には、毎日観光客が大勢県庁につめかけたという。そんなふうに騒ぐから、東国原が舞い上がって「オレは総理の器だ」とか勘違いしちゃったのだろうなあ。


 行き帰りの飛行機と電車の中で、ジョージ・パッカー著、須川綾子訳『綻びゆくアメリカ――歴史の転換点に生きる人々の物語』(NHK出版/3780円)を読了。書評用読書。700ページ近い大著である。

 タイトルだけ見ると、サミュエル・ハンチントンの『分断されるアメリカ』のような政治評論みたいだが、そうではない。市井のアメリカ人4人を“主人公”にしたノンフィクションであり、著者の筆致は評論というよりも小説に近い。

 4人の半生を、著者は克明に追う。その合間に、日本人でも知っている著名なアメリカ人10人(コリン・パウエル、レイモンド・カーヴァー、オプラ・ウィンフリーなど)の物語が挿入される。そして、彼らの半生の背後に、大国アメリカの「歴史の転換点」が鮮やかに浮かび上がる。

 濃密な人物ノンフィクションを集めた内容でありながら、真の主人公はアメリカという国そのものであるという、凝った趣向の本なのだ。

 別途書評を書くのでくわしく紹介できないが、たいへん面白かった。
 小説家・劇作家でもあるという著者の文章は、すごくカッコイイ。キザで鼻持ちならない文章の一歩手前で踏みとどまって、我々ライターに「真似してみたい」と思わせる文章なのである。
 一つ引用してみよう。

 ときおり、ジャック・ダニエルズを片手に夜が更けるまでフロントポーチに腰かけ、ルート二二◯を南下するトラックの音に耳を澄ませた。鶏が押し込められた木箱を食肉解体場へと運んでいるのだ。組織ぐるみの犯罪行為であるかのように、鶏たちはきまって夜の闇に紛れて運ばれた。成長ホルモンをふんだんに投与された鶏は太りすぎて歩くこともままならない。ディーンは処刑された鶏たちが肉片となり、まばゆい照明に彩られたボージャングルズのある丘に戻ってくる様子をまざまざと頭に描いた。その肉は自分の仕事を嫌悪する従業員によって煮えたぎる油の湯に放り込まれる。彼らが調理する食べ物には憎悪が染みつき、それを口にする客は脂肪を蓄え、そのうち糖尿病か心臓病でグリーンズボロの病院に運ばれて世間の厄介者となる。やがて、彼らがメイヨーダンのウォルマートを電動カートで移動するのを見かける日が来るだろう。太りすぎて自分の脚では広いスーパーセンターをまわりきれないのだ。まるで成長ホルモン漬けの鶏のように。



 この一文でわかるとおり、ありふれた日常の光景を描く場面でさえ、まるで上質なハードボイルド小説のようなカッコよさなのだ(訳もよい)。
  
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>