石川セリ『Re:Sexy』『翼』


Re:SexyRe:Sexy
(2008/04/23)
石川セリ

商品詳細を見る


 石川セリの『Re:Sexy(リ・セクシー)』『翼』を、借りてきてヘビロ中。
 YouTubeで彼女の「遠い海の記憶」を久々に聴いて、ほかの曲が聴きたくなったので。

 「遠い海の記憶」は、昔のNHK「少年ドラマシリーズ」の一作『つぶやき岩の秘密』の主題歌で、私が子どものころに大好きだった曲。ドラマの内容はすっかり忘れてしまったが、この曲の印象だけはいまも鮮明である。



 『Re:Sexy』は、2008年に出たベストアルバム。
 埋もれた名曲「遠い海の記憶」が入っている点はよいのだが、「フロッタージュ氏の怪物狩り」(矢野顕子が『ピアノ・ナイトリィ』で絶品のカヴァーをしている)「あやかしのはな」 「いろ、なつ、ゆめ~彩・夏・夢」という名曲3曲が抜け落ちているのは解せない。
 3曲とも、1985年の傑作アルバム『楽園』所収曲。契約の関係か何かで入れられなかったのだろうか。


↑「あやかしのはな」。作詞は糸井重里、作曲は坂本龍一。ううむ、美しい。

 とはいえ、この『Re:Sexy』も十二分に名曲揃いである。

 「ムーンライト・サーファー」(パンタが本名の中村治夫名義で書いた曲)、「ダンスはうまく踊れない」、「八月の濡れた砂」あたりは日本のポップス史上に残るスタンダードであろうし、大貫妙子作の「コロニー」など、私がこれまで知らなかったいい曲もあった。

 もう1枚の『翼』(1995年)は、タイトルナンバーをはじめ、武満徹が書いたポップソングを集めたアルバム。
 こちらも、コシミハルや羽田健太郎らが技を競ったアレンジが上品で、なかなかの良作。

 石川セリの歌声は、日本人離れした乾いたリリシズムに満ちている。ボサノヴァっぽい部分もあるが、もっと硬質で都会的なヴォーカル。
 『Re:Sexy』には1970年代の曲も多いのに、いま聴いても少しも古臭くない。歌い手として、素晴らしいセンスの持ち主だと思う。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>