影山裕樹『大人が作る秘密基地』


大人が作る秘密基地 屋外、ツリーハウス、リノベーション、シェアオフィスまで大人が作る秘密基地 屋外、ツリーハウス、リノベーション、シェアオフィスまで
(2014/04/23)
影山 裕樹

商品詳細を見る


 影山裕樹著『大人が作る秘密基地――屋外、ツリーハウス、リノベーション、シェアオフィスまで』(DU BOOKS/1814円)読了。

 前エントリにつづいて、またもやDU BOOKSの本である。この版元が最近出す本に、私好みのものが多いのだな。

 ご多分にもれず、私も子どものころ秘密基地に憧れたものだった。山の中にそれっぽいものを作ったこともある。
 「秘密基地」とは何かというと、家とは別の、仲のよい子どもたちだけでひそかに集える場所の謂である。

 私が子どものころ――つまり1970年代前半くらいまでは、マンガや少年小説などによく秘密基地のたぐいが登場した気がする。

 たとえば、大石真の児童文学『教室二◯五号』(学校の物置小屋の奥に地下室を発見した少年たちが、それを自分たちの「秘密基地」にする話)とか、くだけたところではとりいかずよしのマンガ『トイレット博士』に登場する「メタクソ団」の部室(メタクソ団は校庭にひそかに地下室を作って部室にしている)とか……。

 なぜ昔の少年たちがこぞって「秘密基地」に憧れたかといえば、おそらく日本の貧しい住宅事情の反映であったろう。仲間たちだけで自由に過ごせる場所を持っていなかったからこそ、「秘密基地」を持ちたがったのだ。

 さて、本書はタイトルのとおり、いまの大人たちがさまざまな形で実現した「秘密基地」的空間を探訪し、紹介していくものである。

 個人の家から店舗やシェアオフィスまで、ツリーハウスから手作りキャンピングカー(トラックの荷台に手作りの2階建て住居を載せ、“移動秘密基地”と化したもの)まで、さまざまな「秘密基地」が登場する。

 写真と文章で紹介される「秘密基地」の数々を、見ているだけで楽しい。
 とくに、いくつも登場するツリーハウスの例は、「あー、こういうの欲しい」と本気で思った。

 本書を読んで気づいたが、いわゆる「男の隠れ家」願望と「秘密基地」願望は、似て非なるものだ。
 「隠れ家」が基本的に1人で過ごす場所であるのに対し、「秘密基地」は基本的に仲間と過ごす場所であるから。

 で、私自身がどちらの願望を抱いているかといえば、いまなら「秘密基地」よりも「隠れ家」だな。仲間と遊ぶよりは1人の時間がほしい。……と、そんなことにまで気付かされてしまった(笑)。

 後半の第二章「実践編」には、いまから秘密基地を作ろうとする人のための具体的なアドバイスもなされている。
 遊び心に満ちた愉しい本である。

■関連エントリ→ 北尾トロ『男の隠れ家を持ってみた』レビュー

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>