吉田豪『人間コク宝サブカル伝』


人間コク宝サブカル伝人間コク宝サブカル伝
(2014/02/19)
吉田 豪

商品詳細を見る


 吉田豪著『人間コク宝サブカル伝』(コアマガジン/1646円)読了。

 おなじみの、ディープな面々へのディープなインタビュー集。
 「サブカル伝」とタイトルにあるものの、一昨年の『サブカル・スーパースター鬱伝』のように思いっきりサブカル寄りというほどではない。基本的には過去の『人間コク宝』シリーズと同じテイストである。

 インタビューイとして登場するのは、次の面々。

 諫山創・乙武洋匡・枡野浩一・穂積隆信・山本寛・宇川直宏・宮崎吐夢・久田将義・小西克哉・安東弘樹・神足裕司・上杉隆・YOU THE ROCK★・須永辰緒・安岡力也・清水健太郎・岸部四郎・品川ヒロシ



 乙武洋匡・穂積隆信・安岡力也・清水健太郎・岸部四郎あたりは過去の『人間コク宝』と共通の流れで、それ以外が「サブカル伝」に相当する人選ということになろうか。

 サブカル人士に型破りなタイプは少ないから、シリーズの中では本書はわりと薄味な印象である。とくに、諫山創(『進撃の巨人』の作者)・山本寛・宮崎吐夢へのインタビューはじつにつまらない。
 品川ヒロシはイメージどおりのイヤなヤツで、インタビューを読むだけでも不快な気分になってくる。神足裕司のいいかげんさにも呆れ返る。

 意外によかったのが、穂積隆信・小西克哉・安東弘樹(TBSアナウンサー)へのインタビュー。とくに安東へのインタビューは、彼に対するイメージが一変すること請け合いだ。

 でも、一冊通して読むと、けっきょくいちばん内容が濃くて面白いのは、巻末の町山智浩への総括インタビュー(本書のインタビューイ一人ひとりに対する寸評を町山が語るもの)だったりする。

 たとえば、町山は乙武洋匡についてこう言う。

 あの笑顔は何もない人たちの妬みや嫉みに対する攻撃だから。あの笑顔は何も優しさじゃない。攻撃だよ! 何も持たない人は、あの笑顔を見て屈辱的な気持ちになる。「俺は手足があるのに何もできない。だけど彼はこんなに勝利の笑顔を!」って。



 また、次の一節は町山の「師弟論」として興味深く読んだ。

 やっぱり人間、歴史だから。好きな人がいて尊敬して、それこそマッカーサーがシーザーを尊敬して、シーザーが誰を尊敬してとかずっと続いているの。それから断ち切られたら、人間っていうのは誰でも生まれてきたときはたいしたことないけど、誰かを尊敬することで一段上がれるんだよ、その人が上に乗るから。
(中略)
 誰か尊敬する人を見て、その人を真似する。その人みたいになりたいと思うことってホントに大事だと思う。それがいま世の中にないの。



■関連エントリ→ 吉田豪『人間コク宝 まんが道』レビュー

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>