ニコラス・G・カー『ネット・バカ』


ネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていることネット・バカ インターネットがわたしたちの脳にしていること
(2010/07/23)
ニコラス・G・カー

商品詳細を見る


 ニコラス・G・カー著、篠儀直子訳『ネット・バカ――インターネットがわたしたちの脳にしていること』(青土社)読了。

 先日読んだ立花隆の『読書脳』の巻頭対談で、相手の石田英敬(東大図書館副館長)がこの本をホメていた。いわく――。

 俗っぽい邦題がつけられているせいか、あまり真面目に受けとめられていないようですが、非常に示唆に富む本です。ネットのもたらす注意力の分散化はもっと深刻に考えていい問題だと思いますね。



 石田の言うとおり、私もこの本の存在は知っていたが、タイトルで食わず嫌いして読んでいなかった。

 ネットの日常的利用が、私たちの脳と思考力に与える負の影響について論じた本だ。

 私自身も痛感していることだが、ネットやメールが生活の一部になってから、我々は一つのことを集中して思索することが苦手になってきている。
 たとえば、1冊の本に没頭することはなかなかできなくなって、読み終えるまでに何度もネットを見たりしてしまう。
 「ネット以前」に比べて、現代人は総じて注意力散漫になっているのだ。

 そうした変化がネット社会がもたらした必然であることを、著者はさまざまな分野の科学的知見を動員して明らかにしていく。

 ただし、本題に入るのは第7章「ジャグラーの脳」からで、そこまでは長い長い前置きのような内容だ。
 我々の脳に可塑性があること、メディアが進化すれば脳のありようも変わること、ネットが本などの過去のメディアと比べてどのような本質的差異をもっているかなどが、脳科学研究史やメディア史を振り返るなかから示されていく。

 そのような6章までの“前置き”も面白いのだが、「手っ取り早く本題だけ知りたい」という人は7章から読むとよい。

 ネットの利便性と引き換えに、いま私たちが深い思考力と集中力を徐々に失いつつあることを論証して、慄然とさせられる。たとえば――。

 ネットは注意を惹きつけるが、結局はそれを分散させる。われわれはメディアそのもの、すなわち、点滅するスクリーンには強く集中する。けれども、そのメディアから速射砲のように発射される、競合する情報や刺激のせいで、注意は結局散らされる。



 ネット使用者の脳が広範に活動することは、深い読みなどの集中を維持する行為が、オンラインでは非常に困難であることの理由にもなっている。多数の一時的な感覚刺激を処理しながら、リンクを評価してネット上での移動を選択せねばならないので、心的機能の調整と意思決定を行う必要が絶えず生じ、その結果、テクストなどの情報を脳が解釈することがさまたげられるのだ。



 ウェブ閲覧は、非常に集中的なマルチタスク処理を脳に要求する。このジャグリングのような作業は、作業記憶を情報であふれさせることに加え、脳科学者が「切り替えコスト」と呼ぶ負担をわれわれの認知に課す。



 オンラインで絶え間なく注意をシフトすることは、マルチタスクに際して脳をより機敏にするかもしれないが、マルチタスク能力を向上させることは、実際のところ、深く思考する能力、クリエイティヴに思考する能力をくじいてしまう。



 週一回くらいは、「休肝日」ならぬ「休ネット日」を作ろうと思った。

 
関連記事

トラックバック

コメント

未読
私はこの本について今までまったく知りませんでした。
さっそく読んでみようと思います。
ありがとうございました。

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>