中川右介『角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年』


角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年 (単行本)角川映画 1976‐1986 日本を変えた10年 (単行本)
(2014/02/21)
中川 右介

商品詳細を見る


 中川右介著『角川映画 1976-1986 日本を変えた10年』(KADOKAWA/1575円)読了。

 この本は2ちゃんねる用語で言うところの「おっさんホイホイ」で、角川映画全盛期に少年時代を過ごした私には買わずにはいられなかった。

 1976年の『犬神家の一族』から1986年の『キャバレー』『彼のオートバイ、彼女の島』までを対象とした、角川映画の通史である。
 もっとも、86年以降も角川映画は作られたのだが、この年で区切っているのは納得。実質上角川映画広報誌であった『バラエティ』もこの年に休刊しているし、ここで一つの時代が終わったのだ。

 中川右介の著作がいつもそうであるように、関係者への取材はなしで、ひたすら膨大な資料を渉猟してまとめあげるスタイルが取られている。
 後半になるほどたんなる事実の羅列という印象が強くなり、つまらなくなるが、それでも非常によくまとまっている労作だ。

 角川映画は「角川春樹の映画」であったわけだが、本書を読むと、春樹のプロデューサーとしての才覚はやはり抜きん出ていたと、改めて感じる。

 中川は本書で取り上げた角川映画のすべてを封切り時に映画館で観たそうで、「わが青春の角川映画」と「はじめに」に記している。
 私はさすがに全作品は観ていないが、それでも7割方は封切り時に観ている。薬師丸ひろ子のデビュー時からのファンであったから、当然彼女の出演作はすべて観たし、『バラエティ』も毎月買っていた。

 まあ、いま観直すと気恥ずかしくなる作品もあるが、『セーラー服と機関銃』あたりは日本映画史に残る傑作だと思う(最近DVDで再見したが、じつに映画的快楽に満ちた作品だと改めて感じた)。

 薬師丸ひろ子の『野性の証明』でのデビューから、角川からの独立までの時期を扱った3~8章は、読んでいてたまらなくなつかしかった。
 
 かなり読者を選ぶ一冊。
 角川映画をリアルタイムで観ていた人々にとっては面白く、資料的価値も高いが、それ以外の人にとっては無意味に近い本(笑)。

■関連エントリ
『角川映画主題歌集』レビュー
角川春樹『わが闘争』レビュー

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>