犬の散歩から考えた幸福論――「幸せの種」のありか


東京犬散歩ガイド東京犬散歩ガイド
(2006/07)
白石 花絵

商品詳細を見る


※以下の文章はWEB第三文明に書き下ろしたものです。許諾を得て転載しています。


犬の散歩から考えた幸福論――「幸せの種」のありか

「どんなときに幸せを感じるか?」

 人間が不幸なのは、 自分が本当に幸福であることを知らないからである。 ただそれだけの理由によるのだ。


 ――ドストエフスキーの『悪霊』の一節である。

 「しあわせの青い鳥」を探す旅に出たものの、つかまえることができず、家に帰ったら昔から飼っていたキジバトが「しあわせの青い鳥」に変わっていた、というメーテルリンクの戯曲を思い出す。

 幸せは遠くに求めるべきものではなく、なにげない日常生活の中にこそある。しかし、多くの人はその幸せに気づくことができない。……などと言うと、お坊さんの法話のようなクサイ人生訓めいてしまうが、最近私はしみじみ「ほんとうにそのとおりだ」と思っている。

 少し前、とある酒席で、「どんなときに幸せを感じるか?」という話題になった。
 私の番がきて、「朝、犬の散歩をしているときにいちばん幸せを感じる」と言ったら、冗談だと思ったらしく、一同に笑いが起きた。中には、「そんなことがいちばん幸せだなんて、カワイソウなヤツだな」と哀れみの視線を向ける(さすがに口には出さなかったが)者もいた。

 だが、私は冗談で言ったのではない。犬の散歩をしているときがいちばん幸せで心安らぐし、そんな自分をカワイソウだともまったく思わない。
 ただ、笑われた一件によって、「なぜ私は犬の散歩に幸福感を覚えるのか?」を改めて考えてみた次第である。

幸せなんて、じつはカンタンだ!

 海外で行われたある調査で、「あなたがペットを飼うことによって得た利益は?」という設問に対していちばん多かった答えは、「自分がペットに愛されているという実感」だったという。とくに、犬はストレートに飼い主への愛情を表現する動物だから、「愛されているという実感」も強いものになる。

 しかも、飼い犬は散歩に連れて行くとすごく喜ぶ。我が家の愚犬など、私が「お散歩行く?」と聞くだけでブンブン尻尾を振り、眼を輝かせて喜ぶほどだ。そのように、散歩は「愛犬を幸せにする行為」でもある。
 「自分が愛されている実感」を感じ、その相手を幸せにすること――これが幸福でなくてなんであろうか。相手が人であろうと動物であろうと、幸福感に本質的な差はないはずである。

 また、当然のことながら、犬の散歩は適度な運動になる。
 心理学の新しい潮流「ポジティブ心理学」の分野では、人間の幸福感を高める方法について、さまざまな角度から研究が進められている。ポジティブ心理学の研究者の一人ソニア・リュボミアスキー(米カリフォルニア大学教授)は、著書『幸せがずっと続く12の行動習慣』(日本実業出版社)の中で次のように述べている。

 運動はあらゆる活動のなかでも、とても効果的に幸福感を高めてくれる方法です。



 そして同書では、運動がどれくらい幸福感を高めるかが、研究データから明らかにされている。たとえば、次のような実験結果が紹介される。

 うつ病に悩まされている50歳以上の男女を集め、無作為に3つのグループに分ける。
 第1のグループには有酸素運動をさせる。第2のグループには抗うつ剤を投与する。そして、第3のグループには有酸素運動をさせるとともに抗うつ剤を投与する。

 その実験を4ヵ月間つづけた後、3つのグループの参加者はいずれも、うつ状態が改善し、幸福感が増した。
 しかも、その半年後の経過報告では、抗うつ剤を投与されたグループよりも、運動だけを行ったグループのほうが再発率が低かったという。

 「運動をすると気分がよくなる」ことは誰もが知っているが、その心理的効果は、時に抗うつ剤の作用さえ上回るほどのものなのだ。
 そのように、適度な運動は人の幸福感を高める。犬の散歩もしかりである。

 くわえて、朝の光を浴びると、「睡眠ホルモン」の別名で知られるメラトニンの分泌が抑制されるなど、体内時計が調整され、脳のウォーミングアップと夜の快眠にもつながる。これもまた、朝の犬の散歩に幸福感を感じる理由の1つだろう。

 たかが犬の散歩の中にも、これだけ人を幸せにする要素が揃っている。まさに、「幸せは何気ない日常生活の中にこそある」のだ。

 以上はほんの一例で、誰の生活の中にも「幸せの種」は転がっているはずだ。
 キャッチコピー風に言うなら、「幸せなんて、じつはカンタンだ!」――。あなたの生活の中にも、気づかず見過ごしている幸せがきっとあるはずだ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。ライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>