エマソン『自己信頼』


エマソン論文集 上 (岩波文庫 赤 303-1)エマソン論文集 上 (岩波文庫 赤 303-1)
(1972/09/16)
エマソン

商品詳細を見る

 
 『エマソン論文集』上巻(酒本雅之訳、岩波文庫)を読む。恥ずかしながら、エマソンの著作を読んだのは初めてである。

 この巻に収録されている「自己信頼(Self-Reliance)」が読みたかったので、手をのばしてみたもの。ほかの収録作(「自然」「償い」「主の晩餐」など)にもいちおう全部目を通したが、正直よくわからなかった。
 
 「自己信頼」はオバマ大統領の座右の書にして、ニーチェやソロー、福沢諭吉や宮沢賢治にも影響を与えた「自己啓発書の元祖」……なのだそうだ。
 論文というより、詩的な哲学エッセイという印象。最近、より平易な新訳も出ているが、この岩波文庫版の訳は格調高くていい感じだ。

 心に残った一節を引く。これは、「自己信頼」で最も名高いくだりでもある。

 わたしの家の窓のしたに咲くばらは、むかしのばらや、もっと美しいばらをいちいち参照したりはしない。このばらはこのばらとして咲いているのであり、きょう神とともにここにいるのだ。

 このばらにとって時間などはない。ただばらというものがあるだけだ。この世にある一瞬一瞬に完璧なばらというものがあるだけだ。葉の芽が萌え出ぬうちに、すでにばらのいのちはあますところなく活動していて、満開の花に多いとか、葉のつかぬ根に少ないということはない。
 あらゆる瞬間に変わることなく、ばらの本性は満たされており、みずからも自然を満足させている。

 ところが人間は延期したり思い返したりする。現在に生きないで、目を背後に向けて過去を嘆き、あるいは自分をとりまく富には気づかずに、未来を予見しようと爪先立ったりする。
 人間も、時間を越え、現在のさなかに自然とともに生きるのでなければ、幸福になることも強くなることもできない。 (改行・行あけは引用者)



関連記事

トラックバック

コメント

名医 麻生泰のつぶやき
はじめまして名医の麻生泰です。
とても面白かったのでまた来ますね!
  • 2013-02-26│00:17 |
  • 名医 麻生泰 URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>