中原圭介『これから世界で起こること』


これから世界で起こることこれから世界で起こること
(2012/08/10)
中原 圭介

商品詳細を見る


 中原圭介著『これから世界で起こること――正しく時代を読むためのヒント』(東洋経済新報社/1575円)読了。

 ファイナンシャルプランナー/エコノミストの著者による、経済予測本。
 章立ては次のようになっている。

第1章 米国経済はこれから5年が正念場
第2章 欧州経済は「停滞の時代」に突入する
第3章 なぜわたしたちはお金に縛られるのか?
第4章 お金の奴隷にならず豊かに生きる方法とは?
第5章 これから20年お金に困らない生き方と考え方



 このうち、1~2章は平明で読みやすく、世界の経済情勢を大づかみに知るために役に立つ。
 ただし、著者の予測がすごく悲観的なので、「世界経済はお先真っ暗!」というどんよりした気分になる(笑)。ほぼ唯一の明るい話がシェールガスによる米国のエネルギー革命なのだが、これとて日本経済にとっては必ずしも好材料ではないし……。

 第3章以降は急にトーンが変わり、経済書というより自己啓発書、若者向けの「生き方本」のような内容になる。そして、著者が説く「豊かに生きる方法」「お金に困らない生き方と考え方」というのが、ビックリするほど陳腐。

 いわく、“若者は毎月いくら使うという「目標額」を決めて、お金の使い方を学べ”、“貯蓄に回すより自分磨きにお金を使え”、“ネットに頼るより新聞をじっくり読め”、“自分の専門分野だけではなく、幅広いジャンルの良書を読め”、“「ラクをして儲けたい」という不健全な考えをもつな”等々……。
 こんな、ウザい上司から酒席で説教されてるみたいな陳腐なアドバイス、エコノミストの本で読まされるとは思わなかった。

 1、2章以外読む価値なし。そこだけなら20分で読めるので、立ち読みで十分。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
23位
アクセスランキングを見る>>