高橋一清『作家魂に触れた』


作家魂に触れた作家魂に触れた
(2012/06)
高橋 一清

商品詳細を見る


 高橋一清著『作家魂に触れた』(青志社/1680円)読了。

 過日読んで感銘を受けた『編集者魂』の続編。
 正編同様、著者が文春の文芸編集者だったころに深くかかわった物故作家たちの思い出を綴ったエッセイである。10人の小説家と1人の画家(宮本輝の『青が散る』の装画などで知られる有元利夫)を取り上げている。

 これもいい本ではあるが、正編があまりに素晴らしかったため、一段落ちる印象は否めない。正編の中上健次の章のような、激しく心揺さぶる一編が見当たらない。

 文章も、正編の緊密さに比べやや冗長。
 たとえば、井上ひさしを取り上げた章では、著者と井上がファクスで交わした往復書簡的なやりとりが、なんと20数ページにわたって延々と引用されている。こんなに長く引用する必然性があったとはとても思えず、手抜きにしか見えない。

 ただ、いいものもある。庄野潤三の章、水上勉の章はとてもよかった。

 印象的だったのは、水上が中国で天安門事件に遭遇し、救援機で帰国した直後に心筋梗塞で倒れたとき(※)のエピソード。
 生還はしたものの、心機能の3分の2を失った水上に、著者は「死の淵からの生還記」という原稿を依頼する。そのくだりがすごい。

「おい、おれを殺す気かい」
 弱々しい声ではあったが、叱声には違いない。しかし、私は引き下がらなかった。
「その覚悟で伺っております」
 私はこの文章がどうしても欲しい、私が編集する誌上に掲げたい、と繰返した。作家にこれぞと思う原稿を依頼する時に、編集者は情け容赦もない。編集者魂がそうさせる。私は席を立つ気になれなかった。水上さんは根負けして、最後には「じゃ、書くよ」と言って下さったのである。



※そういえば、このニュースがテレビの「やじうまワイド」で報じられたとき、コメンテーターとして出演していた長谷川慶太郎は、「文学者というのは、こういう死にざま(歴史的な動乱に遭遇して、という意味だろう)をするものなんだねえ」と発言した。テレビを観ていた人たちはみな、「おいおい、まだ死んでねーぞ!」とツッコミを入れたことだろう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>