保阪正康『仮説の昭和史』


仮説の昭和史 上  昭和史の大河を往く第十二集仮説の昭和史 上 昭和史の大河を往く第十二集
(2012/07/21)
保阪 正康

商品詳細を見る


 保阪正康著『仮説の昭和史』(毎日新聞社/上下巻・各1680円)読了。

 書評用読書。
 昭和史研究の第一人者が、昭和史前半のさまざまな事件について「もし、あのとき◯◯だったら」という仮説を持ち込み、あり得たかもしれないもう一つの歴史の可能性を探ったもの。

 といっても、いわゆる「架空戦記」やパラレル・ワールドもののSFのように、まったく荒唐無稽な空想を歴史に持ち込むわけではない。
 ほんの少し条件が違ったならあり得た、日本のもう一つの選択に目を向け、その選択がなされていたら、その後の歴史がどう変わったかをシミュレートしたものなのだ。

 「もし」という仮説を補助線とすることで、昭和史の決定的場面の数々にかつてない角度から光が当てられていく。
 昭和史の重大事件の数々についてのコンパクトな解説集として読むこともでき、勉強になる本。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>