龍應台『台湾海峡一九四九』


台湾海峡一九四九台湾海峡一九四九
(2012/06/22)
龍 應台

商品詳細を見る


 龍應台(りゅう・おうたい)著、天野健太郎訳『台湾海峡一九四九』(白水社/2940円)読了。

 書評用読書。
 出版業界全体ではどうか知らぬが、狭い「書評業界」において、本書はこの夏最高の話題作といえる。ネットに上がっている範囲だけでも、すでに下の4つの書評で取り上げられている。

『朝日新聞』
『日本経済新聞』
『週刊文春』
「HONZ」(書評サイト)

 台湾の著名な女流作家である著者が、現在の台湾社会の構成要素がすべて出揃った年である1949年を中心に、その前後も含めた戦争と内戦の激動の時代を描いた歴史ノンフィクションである。

 1949年に中国大陸から台湾へ逃がれてきた「外省人」である自らの両親の歩みを皮切りに、さまざまな立場の台湾人たちが当時を振り返る証言を、著者は丹念に拾い集めていく。それらの証言がジグソーパズルのワンピースとなり、やがて当時の台湾社会の全体像が鮮やかに浮かび上がる。

 極限の人間ドラマがこれでもかとばかりギュウギュウに詰め込まれていて、過度の満腹感にも似た読後感を味わった。「もうこれ以上一口も入りません」みたいな……。著者の両親の物語だけでも優に1冊の本になり得るほどドラマティックなのに、本書では両親の話はほんの前菜程度の扱いなのである。

 別途書評を書くのでくわしく紹介できないが、台湾の現代史を知るために、今後避けては通れない必読文献の一つとなるだろう。 
 
関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>