適菜収『ニーチェの警鐘』


ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社プラスアルファ新書)ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社プラスアルファ新書)
(2012/04/20)
適菜 収

商品詳細を見る


 適菜収(てきな・おさむ)著『ニーチェの警鐘――日本を蝕む「B層」の害毒』 (講談社プラスアルファ新書/880円)読了。

 若手哲学者が、自らの専門であるニーチェの哲学を援用し、現在の日本社会に警鐘を鳴らす評論風エッセイ。評論というほどきっちりした内容ではない。

 副題にいう「B層」とは、小泉純一郎首相時代の「郵政民営化選挙」において、広告会社が小泉側の宣伝企画を立案する際に想定した概念。「具体的なことはよくわからないが小泉純一郎のキャラクターを支持する層」を指すが、いまでは小泉うんぬんを離れ、「自分のアタマで物事を考えない愚民層」くらいのニュアンスで使われている。

 著者はこの「B層」にあたる人々のことを、本書の中でさまざまな角度から思いっきりバカにする。つまりは愚民思想の本であり、民主主義否定の書でもある。
 その意味では、民主主義を否定して封建主義者を名乗る呉智英の亜流ともいうべき人だ。

 私は呉智英の著作は愛読してきたが、本書はまったく面白くなかった。呉智英の文章にある芸も愛嬌もなく、読んでいて不快になる「上から目線」の悪口ばかりが並んでいる印象なのだ。
 たとえば、何店かの有名鮨屋を「B層に迎合したB層鮨屋」と呼んでクサすくだりなど、イヤミでエラソーなだけでユーモアも鋭さもなく、読んでいてうんざりした。

 ニーチェの思想の、私が知らなかった一面を垣間見られたことだけが収穫。この著者の本はもう読まない。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

周りは馬鹿ばっかり。では、自分は?:ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒

ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒 (講談社プラスアルファ新書)作者: 適菜 収出版社/メーカー: 講談社発売日: 2012/04/20メディア: 新書 「ゲーテの警告 日本を滅ぼす「B層」の正体」...

コメント

No title
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
  • 2012-09-12│15:03 |
  • fxの投資 URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>