ちきりん『自分のアタマで考えよう』


自分のアタマで考えよう自分のアタマで考えよう
(2011/10/28)
ちきりん

商品詳細を見る


 昨日は横浜某所で、産婦人科医の池川明さんと藤本裕子さん(子育て情報紙『お母さん業界新聞』の編集発行人)の対談取材。
 藤本さんが書かれたエッセイと、池川さんの著書『子どもは親を選んで生まれてくる』『胎内記憶』を読んで臨む。お産や育児にまつわる目からウロコの知見がいっぱいの対談となった。

 行き帰りの電車で、ちきりん著『自分のアタマで考えよう――知識にだまされない思考の技術』(ダイヤモンド社/1470円)を読了。

 人気ブログ「Chikirinの日記」で知られる「おちゃらけ社会派」アルファブロガーの著書が、自らの思考の技術を開陳した「考え方入門」。すでに10万部突破のベストセラーとなっているそうだ。

 外資系でバリバリ働いてきたキャリアなどが、勝間和代を彷彿とさせる。著書の内容も、「よりソフィスティケイトされた勝間本」という印象。勝間本のようなウザイ自慢話がない分、こちらのほうが読後感がよい。


↑勝間と対談もしている(2人は古くからの知り合いだとか)。

 わかりやすい事例をふまえて説かれる「自分のアタマで考える」コツの数々は、納得のいくものばかり。「考え方入門」として上質であると同時に、読み物としても楽しめる。本書より先に刊行された単行本デビュー作『ゆるく考えよう』も読むことにする。

関連記事

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ダイヤモンド社はなぜ"ちきりん"と"藤沢数希"を並べて推すのか?:自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう作者: ちきりん出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売日: 2011/10/28メディア: 単行本(ソフトカバー) 人気ブロガーchikirinさんの思考方法をまとめた本。 考え方の技術について書かれた本はたくさんある。有名所では「考える技術・書く技術―問...

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。56歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
25位
アクセスランキングを見る>>