坪田聡『朝の「二度寝」でストレスが消える!』


朝の「二度寝」でストレスが消える!朝の「二度寝」でストレスが消える!
(2011/10/05)
坪田聡

商品詳細を見る


 坪田聡著『朝の「二度寝」でストレスが消える!――コルチゾールホルモンが脳を強くする』(かんき出版/1260円)読了。

 朝の二度寝も昼寝も大好きな私としては、我が意を得たりという思いになる健康本である。
 生活不安定でなんの保障もないフリーランス仕事ではあるが、通勤ストレスがない点と並んで、朝の二度寝や昼寝が自由にできる点はフリーの特権、醍醐味といってよい(笑)。
 私はここ20年、目覚まし時計も使ったことがなく、「寝たいときに寝て、起きたいときに起きる」フリーの特権を満喫している(もちろん、逆に徹夜することだってあるわけだが)。

 従来の一般向け「睡眠本」といえば、多くは快眠法もしくは短眠法の本であった。対して、本書は睡眠自体をもっと愛し、楽しもうという「愛眠」を提唱するものである(快眠のコツにも触れてはいるが)。
 そうしたコンセプトから、朝の二度寝こそ睡眠の醍醐味だ、もっと二度寝を楽しもう、という主張につながっていく。

 著者は脳科学の研究成果をふまえ、二度寝の快楽の源になっているのがコルチゾール・ホルモンである、とする。
 「抗ストレスホルモン」とも呼ばれるコルチゾールは、睡眠から目覚める1~2時間前になると大量に分泌される(=起床時コルチゾール反応)という。つまり、二度寝はコルチゾールの分泌を高め、いわば“コルチゾールのシャワーを脳に浴びせる”ような行為なのだとか。それが、『朝の「二度寝」でストレスが消える!』というタイトルの意味なのである。

 接吻が終わる時、それは不本意な目ざめに似て、まだ眠いのに、瞼の薄い皮を透かして来る瑪瑙のような朝日に抗しかねている、あの物憂い名残惜しさに充ちていた。あのときこそ眠りの美味が絶頂に達するのだ。



 ……と、これは三島由紀夫の『春の雪』の名フレーズだが、まさに「眠りの美味が絶頂に達する」のが二度寝のまどろみのときなのである。そして、その快楽、至福感の源こそ、大量に分泌されるコルチゾールであったのだ。

 私はかねてより、人間の三大欲求のうち、性欲と食欲が飽くなき追求をされてきたのに、睡眠欲の追求だけがなおざりにされてきたことを不思議に思っていた。食欲の追求を洗練させたグルメがあるように、「睡眠グルメ」ともいうべきものがあってしかるべきなのではないか、と考えていた。
 だからこそ、著者の提唱する「愛眠」に、私は深く賛同するものである。朝の二度寝や昼寝が「好ましくないこと」「大人として恥ずかしいこと」みたいに貶められる風潮はおかしい。

 まあ、本書は軽いタッチの健康本であって、拳を振り上げて社会に物申すような本ではないのだけれど……。 

 後半には、睡眠学や脳科学の成果をふまえ、夢研究の最前線を紹介するパートもある。そう、夢を見ることを楽しむのもまた、「睡眠グルメ」の一翼なのである。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
27位
アクセスランキングを見る>>