町山智浩『トラウマ映画館』


トラウマ映画館トラウマ映画館
(2011/03/25)
町山 智浩

商品詳細を見る


 町山智浩著『トラウマ映画館』(集英社/1260円)を、遅ればせながら読了。

 町山の『〈映画の見方〉がわかる本』は名著だと思う私だが、同系列(「温故知新系」というか)の著作である本書は、取り上げられた映画がマイナーすぎて観たことのないものがほとんどだったので、読むのをためらっていた。なにしろ、著者が少年時代にテレビなどで観てトラウマになった、ビデオ化もDVD化もされていない作品が大半なのだから……。

 だが、読んでみたら、知らない映画についての章もほとんどが面白く読めた。一つの回を読み終えるころには、その映画が元々自分のお気に入り作品であるような気さえしてくる。それほど巧みに、町山は当該映画の魅力を文章化しているのである。たいへんな芸(文章の芸)だと思う。

 くわえて、町山の幅広い教養にも唸らされる。映画のみならず、カルチャー/サブカルチャー全般や歴史についても恐るべき該博な知識をもっているのだ。
 だからこそ、1本の映画を語るとき、関連する文学・音楽・マンガなどが自在に引用され、話が広がっていく。そして、その映画の意義が映画史、カルチャー/サブカルチャー史の中に的確に位置づけられていくのである。 

 忘れられたマイナー映画の紹介書で、こんなに豊かな読後感が得られるとは思いもよらなかった。やはり、町山こそ当代最高の映画評論家だ。

■関連エントリ
町山智浩『〈映画の見方〉がわかる本』レビュー
町山智浩『ブレードランナーの未来世紀』レビュー

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
27位
アクセスランキングを見る>>