『もうダマされないための「科学」講義』


もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)もうダマされないための「科学」講義 (光文社新書)
(2011/09/16)
菊池 誠、松永 和紀 他

商品詳細を見る


 菊池誠、松永和紀ほか著『もうダマされないための「科学」講義』(光文社新書/798円)読了。

 5人の論客(菊池誠、伊勢田哲治、平川秀幸、片瀬久美子、松永和紀)が各1章を受け持ち、科学リテラシー向上のための「講義」をくり広げるオムニバス。『現代社会を多角的に検討する「知」の交流スペース』である「シノドス」が行った連続セミナーがベースになっている。

 私は、少し前に読んで感銘を受けた『メディア・バイアス』の著者・松永和紀(サイエンス・ライター)が加わっていることから購入した。
 松永氏は本書で「報道はどのように科学を歪めるのか」という章を担当している。つまり『メディア・バイアス』の延長線上にあるテーマで、期待を裏切らぬ素晴らしい内容になっている。

■関連エントリ→ 松永和紀『メディア・バイアス』レビュー

 ほかの4章も、それぞれ一読の価値がある。「科学とはなにか? 科学と科学でないものの間は? 科学を上手に使うには?」(帯の惹句)を考えるうえで有益な、中味の濃い一冊だ。

 ただ、伊勢田哲治による「科学の拡大と科学哲学の使い道」と、平川秀幸による「3・11以降の科学技術コミュニケーションの課題」は、中心となっている「モード2科学」とか「トランスサイエンス・コミュニケーション」といった概念そのものが私にはよくわからなくて、やや難解だった。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
24位
アクセスランキングを見る>>