沼田まほかる『九月が永遠に続けば』


九月が永遠に続けば (新潮文庫)九月が永遠に続けば (新潮文庫)
(2008/01/29)
沼田 まほかる

商品詳細を見る


 沼田まほかる著『九月が永遠に続けば』(新潮文庫/660円)読了。

 先日読んだ『彼女が名前を知らない鳥たち』がよかったので、同じ作者のデビュー作を読んでみた。
 第5回ホラーサスペンス大賞受賞作。デビュー作とは思えない、達者な文章と凝った構成の長編ミステリである。

 『彼女が名前を知らない鳥たち』同様、人間性の「闇」の部分にこそ目が向けられており、読者を選ぶ作品。くわえて、本作にはどこかギリシア悲劇を思わせる部分もある。

 ただ、終盤のどんでん返しは、『彼女が名前を知らない鳥たち』ほど成功していない。
 成功したどんでん返しには「見事にだまされた」という快感があるものだが、失敗したどんでん返しは「え~、そんなのアリかよ」と納得いかない気持ちにさせられる。本作は後者だ。どんでん返しに至る伏線が不十分で、とってつけたような結末に思えてしまうのである。

 あと、『彼女が名前を知らない鳥たち』でも思ったことだが、ヒロインにまったく共感できなかった。どちらのヒロインも、なんか「いやな女」であり、あまりにも女として生々しすぎる描き方をされているのだ。

 まあ、そのへんも作者としては意図的にそうしているのだろう。
 作者の気持ちを推察するなら、「男のミステリ作家が描くヒロインが、あまりにも男にとって都合のいい聖女やお人形さんばかりだから、私はあえて生々しい『いやな女』をヒロインにしているのよ」というところかな。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>