鎌田實『アハメドくんの いのちのリレー』


アハメドくんの いのちのリレーアハメドくんの いのちのリレー
(2011/08/26)
鎌田 實

商品詳細を見る


 鎌田實著『アハメドくんの いのちのリレー』(集英社/1500円)読了。

 明後日に著者の鎌田さんを取材する予定なので、その準備として最新著作を読んだ。
 
 鎌田さんには『雪とパイナップル』という“ノンフィクション絵本”(実体験に基づく絵本)の著作があるが、本書は“ノンフィクション絵本”の第2弾ともいうべきもの。

■関連エントリ→ 『雪とパイナップル』レビュー

 『雪とパイナップル』は、チェルノブイリの原発事故で「黒い雨」を浴び、白血病で亡くなったベラルーシ共和国の少年・アンドレイをめぐる物語だった。鎌田氏は国際医療ボランティア活動でアンドレイに出会い、治療にも携わった。その体験に基づいた本だったのである。

 本書の主人公は、パレスチナの難民キャンプに暮らしていた少年・アハメド。彼は12歳のとき、イスラエルの兵士に狙撃されて亡くなった。
 狙撃されたとき、運び込まれたのはイスラエルの病院。彼が脳死状態になったとき、父親はイスラエルの医師から臓器提供の提案を受ける。

「提供する側が移植相手を選ぶことはできません。
 国籍も、民族も、宗教も選べない。
 パレスチナ人かもしれないが、イスラエル人かもしれない」



 父は懊悩のすえ、息子の全臓器を提供する決意を告げる。摘出された臓器は6人の患者に移植されたが、レシピエントは全員がイスラエル国籍だった。
 この出来事は、「父は平和願い 敵に臓器提供」と、美談として世界に報じられた。アハメド少年は「殉教者」として英雄視され、パレスチナの町中にポスターが貼られた。

 鎌田さんはアハメド少年の家族を訪ね、彼の臓器を提供された人々や医師たちも訪ねる。その旅を終えて書かれたのが本書なのである。

 文章は詩的で美しく、安藤俊彦の絵も素晴らしい。世界中の人々に読んでほしいとの思いから、ピーター・バラカンによる英訳も付されている(ただし、英文は要点のみの抄訳)。

 深い悲しみのなか、「憎しみの連鎖」を断ち切る決意をし、崇高な行為に踏み切った父親・イスマイルさんの言葉が感動的だ。

「臓器提供は、平和を望むわれわれのシグナルだと思ってほしい」

「大切な人やものを奪われたとき、その相手に報復すれば憎しみの連鎖に巻き込まれてしまう。
武器を手に戦うことばかりが、戦いではありません。
戦い方は、いろいろあるんです」

「海でおぼれている人に
『国籍は?』『民族は?』『宗教は?』
なんて聞かないでしょう?
私はただ、人間として正しいことをしただけです」



 もちろん、長年の間に降り積もった憎しみが、一朝一夕に消えるはずもない。臓器提供を受けた側の家族の中には、「感謝はしても、パレスチナ人とは友達になれない」と言う者もあったという。
 また、アハメド少年の心臓をもらった少女の母親は、次のように言う。

「娘が心臓移植を受けて元気になったとき、
イスマイルさんの家にお礼を言いに行きたかった。
でも、検問所を通れなかった」



 そのような悲しい現実はあれど、イスマイル氏が投じた一石は、世界に大きな波紋を広げつつある。本書も、その波紋をさらに広げていくことだろう。
 『雪とパイナップル』と並んで、後世に残り得る一冊。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。53歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴30年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

里親募集中

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
26位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
20位
アクセスランキングを見る>>