ハービー・ハンコック『イマジン・プロジェクト』


イマジン・プロジェクトイマジン・プロジェクト
(2010/07/21)
ハービー・ハンコック

商品詳細を見る


 今日は、打ち合わせが一件、原稿の〆切が2本。
 明日からは取材で、2泊3日で滋賀県まで――。



 ハービー・ハンコックの『イマジン・プロジェクト』を聴いた。今月発表された第53回グラミー賞でも、収録曲2曲が賞を得た話題作。

 タイトルの印象からジョン・レノンのカバー集かと思い込んでいたのだが、そうではなかった。「イマジン」のほか、ビートルズ時代の「トゥモロー・ネバー・ノウズ」を取り上げているが、ほかはボブ・ディランやピーター・ガブリエルなど多彩なアーティストのカバーなのである。

 前作『リヴァー』はジョニ・ミッチェルのカバー集にもかかわらず本格的なジャズ・アルバムになっていたが、今作は全曲ヴォーカル入りでもあり、ジャズというよりゴージャスなポップ・ソング集である。『ポシビリティーズ』以来の歌もの/コラボ作品集の集大成という趣。

■関連エントリ→ ハービー・ハンコック『リヴァー』レビュー

 “ハービー版「ウィ・アー・ザ・ワールド」”と評する向きもあった本作。たしかに、「“平和と地球規模の責任”をアルバム・コンセプトに、ジャンルにとらわれない視点から人選された豪華ミュージシャンが参加し、7ヶ国で録音された」という経緯から、そんな印象も受ける。
 
 だが、実際に聴いてみれば、「ウィ・アー・ザ・ワールド」ほどクサくはない(笑)。洗練されたポップ・アルバムとして、若者からオジサンまで楽しめる内容に仕上がっている。BGMにするもよし、じっくり聴き込んでもよしというアルバム。オシャレなのにパワフルだ。

 ラテンもあればレゲエもあり、正統アメリカン・ロックもあればソウル・クラシックもあり、インド音楽もあればアフリカや中東の音楽もあり……と、ジャンルと言語と文化の壁を超えてよい音楽、素晴らしいミュージシャンを集め、1枚のアルバムとしてまとめあげるハービーの力業に脱帽である。

 ジャズ・ピアニストとしてのハービーを期待する向きには、一見肩透かしに映るアルバムかもしれない。だが、プロデューサー的役割に徹しているようでいて、やはり要所要所はハーピーの見事なピアノが全体を引き締めているあたり、さすがだ。「時代は変わる」の終盤やラストの「ソング・ゴーズ・オン」のピアノなど、鳥肌ものである。

 グラミー賞を得た「イマジン」と「チェンジ・イズ・ゴナ・カム」もよいが、個人的には「ここに死が/エクソダス」と、「ソング・ゴーズ・オン」の2曲が気に入った。

 前者は、サハラ砂漠の遊牧民のグループ「ティナリウェン」の曲とボブ・マーリィの名曲を合体させたもの。後者はインドのムンバイでのセッションで、リルケの詩にメロディをつけた曲をシタールを核に演奏し、インドの人気歌手チットラとチャカ・カーンがデュエットするもの。
 これだけごった煮/異種交配の曲なのに、聴きやすいコンテンポラリー・ポップ・ミュージックとして見事に完成されている。これぞワールド・ミュージック、これぞクロスオーバー、という感じだ(「ワールド・ミュージック」も「クロスオーバー」も死語かもしれないが)。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
27位
アクセスランキングを見る>>