ピーター・ガブリエル『スクラッチ・マイ・バック』


スクラッチ・マイ・バックスクラッチ・マイ・バック
(2010/02/17)
ピーター・ガブリエル

商品詳細を見る


 ピーター・ガブリエルの『スクラッチ・マイ・バック』(EMI)を聴いた。やもりの『あなたと歌おう』と一緒に借りてきたもの。

 PGの8年ぶりのスタジオ・アルバムということでずいぶん話題になり、ファンの間で賛否両論を巻き起こしたアルバムである。

■参考→ PG自身がアルバムの全曲を解説している記事

 私がいつも好みの音楽を探すアンテナとしている音楽ブログ「でんど~の殿堂」(主はサイト「音楽の殿堂」の人)で、本作が酷評されていた(→このページ)。
 その記事を読んだがために買う気がしなかったこのアルバムだが、聴いてみるとなるほど、でんど~さんの意見に私は100%同意である。

 ピーター・ガブリエルは好きなアーティストだし、彼がいたころのジェネシスも私は大好きだ。が、このアルバムはいただけない。
 「ひとりよがり」という言葉が、これほど似合うアルバムもまれだ。カヴァー・アルバムなのに、原曲の魅力がこれほど伝わらないアルバムもまれだ。そして、聴いていてこれほど元気がなくなるアルバムもまれだ。はっきり言って、私は一回聴き通すだけでも苦痛だった。

 ピーター・ガブリエルのアルバムで私がいちばん好きなのは、『プレイズ・ライヴ』(1983年)である。あれは、初期PGの集大成であるとともに、ロック史上屈指のライヴ・アルバムであった。あれほど素晴らしいアルバムを作った人が、これほど退屈なアルバムを作るとは……。
 アマゾンのカスタマー・レビューを見ると、「最初は退屈に思えたが、聴き込むうちによさがわかってきた」などというレビューが多い。だが、私はもう2度と聴きたいと思わない。さよならピーター。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>