伊藤裕『臓器は若返る』


臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書)臓器は若返る メタボリックドミノの真実 (朝日新書)
(2010/08/10)
伊藤 裕

商品詳細を見る


 伊藤裕(ひろし)著『臓器は若返る――メタボリックドミノの真実』(朝日新書/735円)読了。

 アンチエイジング、メタボ対策の本なのだが、著者が第一級の医学研究者なので、科学的な裏づけの部分に厚みと説得力があって素晴らしい。ちまたにあふれるいいかげんな「健康本」など足元にも及ばない、本格的な「健康本」である。

 若さを保つため、メタボを防ぐために何をすべきかという本書の結論は、食事を腹八分目にするとか、「ちょいきつめ」の運動を励行するとか、規則正しい生活をするといった、ごくあたりまえのこと。
 「なんだ、それだけか。もっと魔法のような若返りの秘策が書かれているかと思ったのに……」とガッカリする向きもあろう。だが、本書の価値は、そのあたりまえの「健康の智恵」がどれほど理にかなっているかが、医学的に詳細に解説されている点にある。
 たとえば、こんな一節がある。

 老化に伴い、筋肉ではいくつかの遺伝子の働きが変わることが知られている。「年齢と関連して変化する596遺伝子のうち179遺伝子が運動により回復する」という研究結果もある。回復する遺伝子の中には、ミトコンドリアの中で、ブドウ糖や脂肪を使ってATPを作ることにかかわるTCA回路や電子伝達系の酵素の遺伝子も含まれている。まさに運動は筋肉の老化を回復させるのだ。



 たんに「運動で老化が防げますよ」などと言われても「何をあたりまえのことを」としか思わないが、このように解説されると「ははーっ!」と平伏して拝聴したくなる。
 男というのはとかく、「健康にいいよ」と言われても理詰めで説明されないと納得できないところがある。メタボの恐ろしさとメタボ脱却のコツを徹底的に理詰めで解説した本書は、まさに男性向け。「メタボってるから運動しなきゃ」とか思いつつ行動に移せない中高年男性の、背中をポンと押してくれる一冊である。

 まあ、正直「こちとら医学生じゃないんだから、そんなに詳細に解説されてもなあ」という部分もあるのだが、そういうところはナナメに読み飛ばせばよい。

 実用書として有益であるとともに、“人間が物を食べて生きていくことの意味”を改めて解説してくれる本として、読み物としても面白い。たとえば――。

 われわれは血が流れていないと生きられない。血液が酸素を運んでいるからだ。では、酸素が最も使われる臓器は何だろうか? それはその臓器に酸素を送り込んでいる血流量をみるとわかる。
(中略)
 なんと、酸素を使う一位は消化器である。臓器全体の実に30%もの酸素を使う。
(中略)
 食事のときには、消化器にさらに多くの血液が送り込まれ、運動時には、骨格筋への血流が増える。食事のあと、頭がボーッとしたり眠くなったりするのは、消化器への血流が優先されるので、頭に血が回らなくなるからだ。やはり、生物にとって「食べること」が最も重要なのである。



 われわれ人間は、他の動物と比べてみて明らかに太っている。このことは二足歩行をすることと同じくらい、他の動物とは異なった人間の際立った特徴となっている。
 同じサイズの哺乳類と比べて人間は脂肪細胞の数が10倍以上多い。エネルギーを貯蔵するポケットをたくさんもっているわけだ。一つひとつの脂肪細胞が膨らむには限界があるが、エネルギー摂取が多くなり過ぎると、人間はたくさんあるポケットを次から次へと膨らませて、どんどん太ることができるのだ。



関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴31年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
22位
アクセスランキングを見る>>