『洲崎パラダイス 赤信号』


洲崎パラダイス 赤信号 [DVD]洲崎パラダイス 赤信号 [DVD]
(2006/03/10)
新珠三千代三橋達也

商品詳細を見る


 ケーブルテレビで録画しておいた『洲崎パラダイス 赤信号』を観た。

 川島雄三監督が芝木好子の小説を映画化した作品。川島にとっては『幕末太陽傳』と並ぶ代表作とのことだが、私は初見。現在の江東区東陽町あたりにあった「洲崎遊廓」を舞台にした、男と女の人情ドラマ。

 この映画が作られた1956(昭和31)年は、売春防止法が施行された年。一年間の猶予期間ののち、58年にいわゆる「赤線地帯」は一掃された。廃止を目前にした洲崎遊廓でロケが行なわれ、「洲崎パラダイス」の最後の輝きをフィルムに刻みつけている。


↑記録映画の中の「洲崎パラダイス」。昼間の映像でもあり、うら寂しい。

 川島作品ゆえにもっとコミカルな内容を想像していたのだが、笑いの要素は皆無。さりとて重苦しさはなく、ミゼラブルな物語が軽やかに描かれている。

 すごくよかった。これは名作。
 まず、半世紀前の東京の下町の風景を見ているだけでも愉しい。それだけのためにでも観る価値がある。

 モノクロ映画なのに、映像に豊かな色彩感がある。ネオンの灯りや川面の水のゆらめき(川がくり返し登場する映画だ)に、ちゃんと色が感じられるのだ。

 洲崎遊廓が舞台とはいえ、遊廓そのものはタイトルバックにしか登場しない(!)。あとは、遊廓の入り口にある狭い飲み屋を中心にストーリーが展開する。
 轟夕起子(まさに「日本のお母さん」というイメージ)が一人で切り盛りするその店は、日常世界と遊廓という異界を結ぶ汽水域のような場所。人々はその汽水域で一休みしては、遊廓に出かけたり、日常世界に戻っていったりするのである。

 物語の中心となるのは、新珠三千代演ずる蔦枝と、三橋達也演ずる義治のカップル。蔦枝はもともと洲崎遊廓の娼婦だったが、行き場をなくした2人は洲崎に舞い戻り、轟夕起子が女将の飲み屋に住み込みで働き始める。

 娼婦をやめても相変わらず尻軽なビッチ・蔦枝と、甲斐性なしのダメ男・義治――。およそ映画の主人公とは思えない2人のダメダメっぷりがものすごい。
 だが、川島雄三はそのダメな2人を包み込むように、優しくあたたかく描き出す。「人間とはかくも情けなく、だらしなく、滑稽な存在だが、しかし愛おしい」とでも言うように……。

 ストーリー自体は男と女がくっついたり離れたりのよくある話なのだが、全編に流れるやるせなさ、哀感が絶品で、最後まで少しも退屈しない。

 滝田ゆうの名作劇画『寺島町奇譚』(あれは戦時中の玉の井遊廓の話だが)を思い出した。てゆーか、時系列からいったらむしろ滝田がこの映画に影響を受けていたのだろう。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>