麻生久美子『いろいろないろ』


いろいろないろいろいろないろ
(2004/12)
麻生 久美子蜷川 実花

商品詳細を見る


 麻生久美子著『いろいろないろ』(幻冬舎)読了。

 昨日読んだ『hon-nin列伝/セキララなオンナたち』の麻生久美子インタビューで言及されていた本。すでに絶版で、古書では高値がついているので、図書館で借りてきた。

 2004年に出たもので、蜷川実花による写真と、麻生自身が書いた文章が半々の割合。つまり、いわゆる「フォトエッセイ集」。

 屋久島で撮影されたという写真はオールカラーで、どれも素晴らしい。写真としての出来もいいし、麻生久美子らしさがよく表現されている。
 
 ただ、エッセイ部分はよくない。てゆーか、はっきりいってガッカリ。エッセイというより、中学生くらいの女の子が書いた手紙か作文のようなのである。

 ……いや、それはちょっと言いすぎか。
 最近の女優が出すエッセイ集はちゃんとしたエッセイになっているものが多いけれど、これは昔の「タレント本」の味わいなのだ。

 たとえば、「私の好きなものたち」と題されたエッセイは、こんな感じ。

 まず、富士山と東京タワーです。理由はうまく言えないけれど、たぶん、大きくてカッコイイから! もう見ているだけでうっとりしちゃって、かなり気持ちが上がります。でもこんなに好きとか言いながらも、実は富士山にも東京タワーにも一度も登ったことはないんです。でも、それでいいんです。見ているのが好きだから。



 「大きくてカッコイイから」って、幼児かよ。
 昔のアイドル本――中森明夫が構成を手がけた『ゴクミ語録』のような洗練されたものが出てくる以前の――は、だいたいこんな調子だったなあ。まあ、このように無防備に素をさらけ出すところが、麻生久美子らしさでもあるのだろう。

 『hon-nin列伝』のインタビューによれば、この本は当初ライターがインタビューして構成する形をとった(つまり通常のゴースト)そうだ。
 だが、出来上がってきた文章に本人が「なんとなく違和感を感じた」ため、「やっぱり自分の本だから自分の言葉のほうがより伝わるんじゃないかと思って」、新たに自分で書いたのだとか。

 「その意気やよし」と言いたいところだが、書き直した文章が稚拙すぎて、これならライターが介在したほうがよかった気がする。腕のいいゴーストライターなら、インタビューイが「自分の言葉」だと思えるくらいまでブラッシュアップできるものだと思うし……。

 吉田豪による『hon-nin列伝』のインタビューのほうが、本書よりも数段ディープで、赤裸々で、濃ゆい。吉田を構成ライターにして、再度自伝的エッセイを出して欲しい。
 
関連記事

トラックバック

コメント

No title
実力はあるけど派手さはない女優さんっていますよね。だからコメントにも派手さがないってことなんですかね。
ランキング押しときました。もしよかったらサイトにあそびにきてください。
  • 2010-10-08│02:37 |
  • キノッピオ URL
  • [edit]

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
21位
アクセスランキングを見る>>