『ソルト』



 立川シネマシテイで『ソルト』を観た。
 アンジェリーナ・ジョリー主演のスパイ・アクション。

 冷戦時代の遺物のようなスリーパー・エージェント(その土地の市民になりきって生活しているスパイ)の物語。映画の中では、ケネディ大統領暗殺犯のオズワルドもじつはソ連のスリーパー・エージェントだった、という話になっている。

 訪米中のロシア大統領の暗殺計画とか、米大統領がロシアを核攻撃する決断を下して「すわ、第三次世界大戦勃発か」という展開とか、あれよあれよと話が大きくなっていく。ものすごく荒唐無稽。いまどき、『ゴルゴ13』だってもっとリアルな話にするぞ。

 それに、二重スパイの嫌疑をかけられて逃亡するCIAエージェント、イブリン・ソルト(ジョリー)が、あまりにも強すぎ。屈強な男たちを次々になぎ倒し、ハイウェイを走るトラックの屋根から屋根へ飛び移ったりするすさまじい逃避行をくり広げる。「普通の人間なら5回は死んでるぞ」という感じ(笑)。

 当初はトム・クルーズ主演で話が進んでいた映画なのだそうだ。そう言われると、なんとなく納得。アンジェリーナ・ジョリーでは、ヒロインの圧倒的強さが絵空事に見えてしまうのだ。

 では、荒唐無稽すぎてつまらない映画かといえば、そうでもない。少なくとも、私には大いに楽しめた。細部にはリアリティがあって、大枠の荒唐無稽さをうまく中和しているから。

 爆薬のスペシャリストでもあるという設定のソルトが、消火器その他を使って即席の爆弾を作って窮地を脱するなど、細かいエピソードには『MASTERキートン』を彷彿とさせるところもある。ヒロインのサバイバルの過程にはけっこうリアリティがあって、面白いのだ。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
27位
アクセスランキングを見る>>