ダグラス・C・メリルほか『グーグル時代の情報整理術』


グーグル時代の情報整理術 (ハヤカワ新書juice)グーグル時代の情報整理術 (ハヤカワ新書juice)
(2009/12)
ダグラス・C. メリルジェイムズ・A. マーティン

商品詳細を見る


 ダグラス・C・メリル&ジェイムズ・A・マーティン著、千葉敏生訳『グーグル時代の情報整理術』(ハヤカワ新書juice/1365円)読了。

 ハヤカワ新書juiceというのを初めて読んだ。ふつうの新書よりやや大きめで厚めであり、その分価格も高め。手にもったときや開いたときの感じが私の好きな平凡社ライブラリーにちょっと似ていて、造本として好ましい。

 情報整理術の本も「グーグル」の4字を冠した本も腐るほどあるわけだが、本書は著者の1人(ダグラスのほう)がグーグルのCIO――最高情報責任者をしていたという点がミソ。
 つまり、グーグルの「中の人」自らが、グーグルなどを利用した情報整理術を説く一冊なのだ。「きっと、有象無象のITライターが書いた本よりも深い内容に違いない」と期待して手に取った。

 が、かなり期待外れ。
 何より、本の構成がものすごく中途半端で、的が絞れていない。
 これは、情報整理術の実用書であると同時に、情報についての著者の「哲学」を開陳した書でもある。また、著者自身の思い出を綴った自伝的エッセイでもあり、上手な記憶法のコツを説いた本でもある。

 いったい、著者は何の本が書きたかったのだろう?
 実用書なら実用性に徹するべきだし、逆に高尚な情報哲学の本が書きたいのなら実用性は削ぎ落とせばよい。自伝が書きたかったのなら、最初から自伝に的を絞ればよかったのだ。著者は子ども時代から失読症に苦しんできたのだそうで、にもかかわらずグーグルのCIOにまでなった半生は、じっくり書き込めば感動的な読み物になっただろう。

 情報整理術の本に中途半端に自伝的要素を持ち込んでいるものだから、実用書を期待して手に取った私には、随所にある「自分語り」がウザくてたまらなかった。

 肝心の情報整理術についての記述も、Gメールやグーグルカレンダーの上手な使い方などというありふれたもので、すでに使いこなしている者にとってはなんら新味がない。

 私が本書を読んで「これは取り入れてみよう」と思ったハックは、たった一つ(!)。
 それは、“ネット上の保存しておきたいページがあったら、文章をコピペしてGメールで自分にメールしておく”というハックである(その際、URLもコピペして添えておく)。

 なるほど、このやり方なら「ブックマークしたおいたページが消えてしまって読めなくなった」ということにならずに済むし、手軽にクラウド上に保存しておけて、検索で容易に呼び出せる。
 以前私はウェブ・ページの保存には「紙」というフリーソフトを使っていたが、ブラウザをグーグルクロームに変えたらワンクリックで保存できなくなったので、だんだん使わなくなった。でも、Gメールを使って保存する方法のほうがシンプルでよさそうだ。

 このハックだけは有益だったが、ほかは「何をいまさら」と思うハックや、アメリカ人向けで日本人には向かないハックばかりだった。

 それと、アメリカン・ジョークというか、笑いを狙ったヒネリが文章の随所にあるのだが、それがけっこう寒くて鼻白んでしまった。

関連記事

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Guide 

   →全記事インデックス

Profile 

前原政之 
イラスト/ジョージマ・ヒトシ

前原政之(まえはら・まさゆき)
1964年3月16日、栃木県生まれ。55歳。
1年のみの編プロ勤務(ライターとして)を経て、87年、23歳でフリーに。フリーライター歴32年。
東京・立川市在住。妻、娘、息子の4人家族。

Counter 

メールフォーム

★私にご用の方はここからメールを下さい。

お名前
メールアドレス
件名
本文

最近の記事

マイ「神曲」ベスト100

カテゴリー

ブクログ・MY本棚

タイトルの由来

●「mm(ミリメートル)」は、私のイニシャル「MM」のもじりです。

●私の大好きなギタリスト・渡辺香津美氏は、ご自身のイニシャル「KW」をもじった「KW(キロワット)」を、公式サイトのタイトルにしておられます(同名のアルバムもあり)。それにあやかったというわけです。

●あと、「1日に1ミリメートルずつでもいいから、前進しよう」という思いもこめられています(こじつけっぽいなあ)。

Archives

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
本・雑誌
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
和書
30位
アクセスランキングを見る>>